へっぽこ軍曹のへっぽこ奮闘日誌

大体は絵を描いています。たまにアニメの感想やポイントサイトの情報を載せたりもしています

YouTubeが広告ブロック返しに躍起になっている

これ思うところがある。

結論から言っちゃうとYouTube Premiumに登録すれば一番早いわけだよ。クッソウザい広告を完全にかつ正々堂々とブロックできるんだから。

で、YouTube側の言い分としては広告見てもらえないと収入が入らない。だから広告を見てもらうかYouTube Premiumに加入してもらうかの二択というわけだよ。広告については入るのはまぁ仕方ないんだよ。それなしじゃやっていけないから。ただ、広告の内容が問題なんだよね。

 

例えばこんな広告が入ってくる。

 

1.ソシャゲの実際には存在しないミニゲームっぽい内容を使った詐欺広告

2.広告なのに再生時間が10分以上ある

3.効果が不確かな怪しい商品を紹介する広告がある

4.絶対儲かる的な詐欺、または詐欺まがいの危険な商材や副業を紹介する広告がある

5.動画によっては完全に意味不明なタイミングで広告が入ることがある

 

こんなものを連発されたらブロックしたくもなる。

1はソシャゲ限定なのでまだいい。2は6秒経過したらスキップすればいいのでギリギリ許容できる。3と4は流す広告としては致命的だ。もう少し流す広告は考えろと言いたい。5は多分動画の時間で判断しているからそうなるんだろうけど、AIで内容を判別できるんなら「このタイミングでなら広告を入れてもいいだろう」という判断がAIにできないと変なタイミングで広告が入って視聴者にウザがられる。

 

広告ブロッカーでブロックしたい側の主張としてはこうだ。

 

A.YouTubeが有害な広告を流すからその有害な広告をシャットアウトしたい

B.わざわざYouTube Premiumに入ってまで広告をブロックしたいとは思わない

 

Aは前述と3と4に起因するものだからそこを解消すればこの理由でブロッカーを使うことはなくなると思う。Bについては正直どうかと思う。その店ではサービス料金を払えばスマホ充電サービスを受けられるけど勝手に電源拝借しちゃえ的な発想に思える。

 

一番の問題は価格の問題だと思う。正直高い。めっちゃ高い。こういったサイトのプレミアム料金をちょっと比較してみようと思う。

 

YouTube Premium … 1280円/月

ニコニコプレミアム … 550円/月

Pixivプレミアム … 458円/月

Spotify Premium … 980円/月

FC2プレミアム … 1000円/月

 

ライバルのニコニコ動画と比べると明らかに高いわけだよ。

ニコニコ動画の場合は一般会員はかなり厳しい制限を受ける。動画配信者になろうとした場合は一般会員じゃやっていけないくらい厳しい。しかしYouTubeの場合はレジューム再生*1は一般会員でも使えるがニコニコ動画は使えない。ここが一番価格の割高感を感じるところ。これ以前に見たことがある動画なのかを判断できるから割と便利。これが一般会員でもできるのに1280円というのは高いと感じるんだよ。Spotifyくらいまで下がれば選択肢に入るんじゃないかって思う。ぶっちゃけ一般会員とプレミアム会員との差はYouTubeSpotifyだとSpotifyのほうが大きい。あっちはプレミアム会員じゃないとまともに音楽鑑賞という用途に耐え得らない*2から。

 

今私はこの中だとニコニコプレミアム、Spotify Premium、YouTube Premiumの3つを使っている。この3つ、特によく使うサービスなので。

*1:前回の続きから再生する機能

*2:一般会員だと2曲ごとに広告が入る

pixivアカウントのリセット

一度アカウントを消して作り直しました。

理由についてはFANBOXで違反取られたためです。ぶっちゃけ対応遅れです。旧アカウントも割とごちゃついていたのでいっそのことと思い一度退会してアカウントを作り直すことでリセットをかけました。しばらくの間は雲隠れ期間として違う名前を名乗っておきます。

 

AI生成を使ったブログはこのはてなブログであれば書くことができますが、ここに誘導するような使い方はできないので今後はやり方を考えます。

 

復活時にはこれをベースとしたものをAIを使わず描いて復活宣言しようと考えています。AIにやらせても不完全なものや全然違うものしか作らないので夢の鏡シチュについては人間にしかできないものと言って差し支えないかもしれません*1

*1:できたらできたで量産されると人間絵師の肩身が狭くなるけど

AI生成を使いこなすための呪文のお勉強

最近は便利な時代。絵心がなくても呪文のお勉強をすれば絵が描けるという魔法の時代です。ただし、特殊なものの再現というのはAIでもかなり難しいようです。先日書いた夢の鏡風もそうですけどね。

 

※そのまま出せないのでモザイク処理

例えば、この「筋肉の悪魔と契約した米津玄師」を参考画像にして「筋肉の悪魔と契約した西木野真姫」をAIに作らせます。

 

love live! school idol project,love live!,nishikino maki, love live! style,1 girl,small breasts,idol, whole body, view straight on, walking motion, muscular, medium hair, red hair, smirk, purple eyes, gradient_background,

 

呪文はこうとします。呪文内容は「西木野真姫ラブライブ画風、歩く、筋肉質、全身絵、正面、グラデーションのかかった背景」となっています。

 

 

完成したのがこれ。腕の太さが普通なので筋肉の悪魔との契約は成立しなかったみたいです。筋肉質という呪文も単に引き締まった身体という程度にとどまっているようです。ただ、ポーズ自体はほとんど完璧に再現したのであとは腕さえごつくすれば筋肉の悪魔との契約を成立させられる、というところまではできそうな気がします。

 

 

腕をごつく修正しました。これで筋肉の悪魔との契約は完了です。

イメージが近ければこういうものをAI生成から手を加えて作るかもしれません。

AI生成を使ってみる

ご無沙汰です。一応生きてます。

Photoshop Elements 7のインストールCDが破損して絵描けなくなってました。

 

その間いろんな無料お絵かきソフトを試すもうまくいかず、最近になってPhotoshop Elements 2023を購入してPhotoshop環境を取り戻したところです。

 

で、ここ最近いろいろと出てきたAI生成を補助的に使ってみようと思ったわけです。もちろんAIにすべてを任せることはしません。

 

現在使っているAI生成はPixAIです。

pixai.art

1日あたりの枚数に制限はありますが、無料で使えるものです。ただし、イラスト生成のためのプロンプト*1はすべて英語で記述しなければならないので翻訳ソフトとの格闘も待っています。

 

このPixAIは参考画像をアップロードすることでその参考画像に近いものを生成する機能もあります。画風もある程度操作できるのでそれで3つほど夢の鏡を扱うセーラームーンSuperSのキャプチャ画像を使ってそれっぽいものを生成してみました。もちろん完全な夢の鏡画像を作るような呪文は知らないのであくまでもそれっぽいものです。

 

上から順にラブライブ!風、プリキュア風、ごちうさ風で画風指定をしています。画風以外の呪文はすべて共通です。

AIでは完全なものとはいかないので、あくまでもAI生成イラストは参考画像程度に扱う方向でいきます。画風によっては継ぎ接ぎ感がすごいのでこのままでは作品として投稿できません。

*1:俗に呪文と言われるもの。この呪文をうまく使いこなすことでAI生成イラストのクオリティは決まるんだとか

トロプリ22話&23話

PCのフォルダ…というかエクスプローラーが起動しなくなった。中古で買ったのがダメだったか?

 

22話

 

 

冒頭、故郷への帰還。

 

 

あとまわしの魔女の本拠地では強化ヤラネーダよりもさらに強力な新型ヤラネーダが使えるようになった。その名も…

 

 

ゼッタイヤラネーダ

 

 

また弱そうな名前を…

だが、この名前で呼ぶのは嫌だから新型ヤラネーダで通す。

 

 

さて、紳士の皆様。お待ちかねの時がやってまいりました…

 

 

何ってお前、水着回だよ!

 

 

夏の風物詩って言ったらそれだろうが!

 

で、なんやかんやあってとみバアというばあさんのところに昔話を聞きに行く。ばあさんの口から語られたのは人魚の宝の話。どうやら人によって見解が違うらしく、まなつは海賊説を信じていたようだ。そして5人はその宝を探しに向かう。

 

しかし、同時にヌメリーも島に上陸していた。

 

 

目的地に着いたのだが…

 

 

まさかの有料

 

 

宝探しとは程遠いなぁ。なんでも地図がないと迷うほど広いんだとか。そして順調に迷うヌメリーなのであった。そしてバッタリ…

 

 

しかしヌメリーは おどろきとまどっている!

 

まなつたちは にげだした!

 

 

いや戦おうよ。どっちも。

 

そして逃げる途中でローラははぐれて奈落の底へ。

 

しかし、ヌメリーは追いついていた。そして、懐中電灯を素材に新型ヤラネーダを作り出した。

落ちたローラはついに人魚の宝を見つけた。見た目からして何らかのパワーアップアイテムっぽいけど。

 

 

今回の新型ヤラネーダはまぶしいひかりを放ってくる。ソーラ・システムじゃないだけまだマシだが。しかもここで派手に戦われると落盤の危機が。そこにローラがどうやったかは知らないが戻ってきた。

 

ラメールの攻撃にはなすすべがない新型ヤラネーダ。落盤で落ちてきた岩石をコーラルがラメールに飛ばし、それをラメールがハンマーナックルで新型ヤラネーダの脳天に叩き込む。これによって頭が割れてダウンした。これで決まりか?そう思ったが…

 

 

この程度でやられるほど新型は甘くない

 

 

なんとアカシックバスターが通用しない。それどころか割れた頭まで再生した。こいつ、違うぞ。強化ヤラネーダなんかとは。

それだけでは終わらない。まぶしいひかりだけを放つような甘い奴ではなかったのだ。考えうる最悪のものが搭載されていたよ…

 

 

ソーラ・レイが

 

 

そんなものを食らったら終わりだ。

しかし、ラメールの手にあった人魚の宝が光り輝く。これは、ラメール用のパワーアップアイテムだったのだ。新必殺技を解禁するための。新必殺技。それは…

 

 

アクアブレス*1

 

 

そして、新必殺技の威力は絶大。新型ヤラネーダであれどもあっさりと葬った。

しかし、それだけでは終わらなかった。ヌメリーが脱出の際にぶち開けた穴から大量の水が流れ込んできたのだ。洞窟が崩壊する!パパイヤは吹き抜けまで抜けて脱出を試みる。しかし、その時ラメールが転倒。大量の水が迫る。このままでは飲み込まれて溺死…

 

 

なんてことには絶対ならないんだよ

 

 

こいつには水中適性がもともとあるんだからな。ローラに戻ったところで人魚だから絶対に溺死しない。

 

見事失敗して戻ってきたヌメリー。バトラーが欲したのは人魚の宝…ではなくその宝が入っていた器だった。で、この2つのアイテムから察するにこの島でお互いの祖先が戦ったと推測できる。

 

これが何かの伏線になるのか。それは、次回以降の話だ。

 

 

23話

 

 

冒頭、朝っぱらからスキューバ。ローラは人間になると海に嫌われる*2ので陸で待機。あんな重装備しなくても潜れるからな。人魚に戻れば。

 

なんでもお祭りがあるとか。これは参加せねばだ。

 

 

一方のあとまわしの魔女の本拠地ではエルダだけ取り残されていた。で、ウツボから届いた絵ハガキには浮かれまくるヌメリーとチョンギーレ。エルダはもはや発狂寸前だった。器持ってこないと夏休みなしとバトラーに言われて仕方なく出撃。あれ?エルダだけ条件厳しくない?

 

 

唐突だが、生身の身体能力の序列が今はっきりした。

 

 

まなつ>あすか>ローラ>みのり>さんご

 

 

こうなった。みのりが上なのは体幹とバランス感覚が上だったから。

で、医師に願いを書いて沈めると願いが叶うという祭りなのだが、母親は願いを叶えたという。素敵な出会いという願いだったらしい。そこで出会ったのが父親だった、のだが…

 

 

🐙>父親

 

 

ひどくない?

 

 

で、エルダは前回の結果海に沈んだ器…聖杯をゲット。途中壁尻ならぬ壁しっぽになりかけたが。

そして各人願いを書く中、ローラは見せてとしつこいまなつに困惑して石*3を投げてしまう。そして、祭りが気に食わないエルダはローラの願いが書かれた石を素材に新型ヤラネーダを作り上げてしまった。

 

そうなってくると、ラメールとしてはこの新型ヤラネーダを一刻も早く血祭りにあげなければならない。が、倒す過程で見られる可能性まであると考えると攻撃させるわけにもいかない。そこで取ったラメールの行動が…

 

 

新型ヤラネーダをかばう

 

 

プリキュアとしては前代未聞の行動だ。

そして、自分一人で倒さざるを得ないという結論に達した。そして一人で新型ヤラネーダをダウンさせ、やる気パワーを取り戻し、そしてアクアブレスで速攻撃破した。今回攻撃らしい攻撃もさせてもらえなかった新型ヤラネーダが哀れすぎる…

 

で、結局ローラの願いとはなんだったのか。人間の状態でも泳げるようになることだったらしい。人魚の状態だと無意識で泳いでいたから余計そう思うんだろうな。

 

 

次回、トロピカる部を潰すべく生徒会動く。汚いことを考える奴らだ。

*1:FFシリーズに出る青魔法。5は砂漠属性の敵に特攻効果の無属性攻撃。6は水属性の攻撃

*2:悪魔の実の能力者みたいに

*3:正確にはサンゴの死骸

トロプリ21話

始まる前から終わっているものってあるんだよ。

 

冒頭、夏休みだ。夏休みは古来最初は極楽、終わり際が地獄と言われる。そんな中、合宿という話が持ち上がる。そして、合宿のため、島に帰ることになったのだ。

 

 

島ではスキューバできると話すまなつだが、ローラ的にはそれは何も目新しくは感じなかった。海の生き物的には陸の風景のほうが珍しかろうが。で、まなつ曰く島には海賊のお宝があるとか。いやいやいや、日本の離島にそんなものがあるとは思えんぞ。

 

予定は立ててみたんだが…

 

 

何この過密スケジュール

 

 

これ絶対破綻するやつや。

まなつの母親はこれを見て「あえて予定立てなくてもいいんじゃね?」と言う。血は争えんな。悪く言ってしまえばノープランである。

 

 

一方のあとまわしの魔女の本拠地。使用人達はやる気ゼロである。まぁそりゃそうか。陸は暑いし、業務外だし。あまりのやる気のなさにバトラーは休みを餌に行かせようとする。そして見事にその餌に食いつく3人。そろそろ本格的に用心棒でも入れようよ。

 

 

いよいよ当日。まなつは相変わらず荷物が多い。1話ほどじゃない*1けど。さんごが小刻みに震えながら現れた…

 

 

体力少ないのに無茶しやがって

 

 

あれで動けるまなつが異常だからな。そして…

 

 

燃えたよ…燃え尽きたよ…真っ白にな…

 

 

逝くにはまだ早いぞさんご!

そしてみのりも小刻みに震える…

 

 

お前もかよ

 

 

大荷物で無駄に体力すり減らすのはやめようぜ。

で、あすかはやたら軽装。目立つ荷物は弁当と枕だけだ。いや、あいつらが重装すぎるんだ。どうやらあすかは枕が変わると眠れないタイプのようだ。

 

さて、そこに休暇を報酬にやってきたチョンギーレ。強化ヤラネーダを作り出そうとしているが、その素材が…

 

 

まなつのトランク

 

 

突然強化ヤラネーダにしがみつく形になってしまったまなつ。こいつを倒さなかい限りは島に行けない。少なくともまなつは。荷物を取り戻せ!

 

今回の強化ヤラネーダはトランクの中身を射出してくる。中身はサマーのみぞ知る。とにかくいろいろなものを詰め込んだらしく多彩な攻撃が飛んでくる。一番大事なのはこいつを倒さないと荷物が戻らないうえにタイムリミットもあることだ。急いで倒さなければならない。

しかし、チョンギーレも強化ヤラネーダを急かす。その結果…

 

 

しかし、トランクはミミックだった!

 

 

まさかマホトラ使ったりザラキ使ったりはしないよな?

そんな中、鍵を見つけたサマー。こんなトランク、施錠してしまうしかない。施錠するためにスクエア・クレイモアを放ってみたりした。そして施錠成功。これで何もできなくなった。そしてやる気パワーを取り戻してゲッターサイクロンで終了。チョンギーレはとりあえず働いたという事実だけは作ったので撤退。

 

そんな裏で調べもの中のバトラー。何やら聖杯のようなものが書かれた本を発見した。これが一体何をあらわすのか、それはまた、別の話。

 

次回、洞窟探検。あれ?海賊のお宝じゃなかったっけ?

*1:パンパンだった

トロプリ20話

全身黒タイツ。

 

冒頭、プレミアムトロピカルメロンパンを買う権利*1を賭けた抽選…のはずがなんかそこはかとなく嫌な予感。

 

部室に行ったまなつ。いざプレミアムトロピカルメロンパンを食べようとしたその時、財布を購買部に忘れたことに気付く。慌てて駆けてく愉快なまなつさん*2になった。財布を取りに戻ったら…

 

 

メロンパンが消えた

 

 

思わず顔がヤラネーダになるほどのショックを受けた。

そこで立ち上がったのは名探偵。そう…

 

 

真実はいつも1つ!

 

 

いやいやいや、犯人が全身黒タイツだったりはしないぞ?

そして、名探偵は高らかに宣言する…

 

 

犯人は、この中にいる!

 

 

まぁじっちゃんの名にはかけないぞ。

真っ先に容疑者になったのはくるるん。だが、メロンパンを食うような生き物ではないためシロとなった。となれば次に疑われるのはローラ。最初からそこにいたからな。しかし、ローラは背景にテトラポッドを置くほどに無実を訴えている。

次に容疑者となったのはあすか。だが、名探偵の推理に穴があり過ぎる。みのりにも容疑がかかったが、アリバイがあると主張した。当然さんごにも容疑はかかる。しかし、否定材料が薄い。まぁまなつが先に食ってたことを忘れた可能性もゼロではない。

 

 

一方、チョンギーレは用意しておいたゼリーをヌメリーとエルダに食われて激怒していた。バトラーは相変わらず空気を読まない。で、誰が業務外の仕事をするのかということは、どうもアミダクジで決めていた模様。適当な決め方すんなよ。

 

空腹で苛立っているチョンギーレはパン屋の看板を素材にして強化ヤラネーダを作り出した。今回の強化ヤラネーダは防御性能が高く、ばらばらに攻撃しても簡単に対処してくる。ならば同時攻撃だと同時に攻撃するが、それも対処された。それもそのはず、息を合わせているようで全然合わせられていないのだ。そして、ラメールがおもむろに便を見ると、そこには紙袋があった。そして…

 

 

orz

 

 

犯人は自分だったことに気付いた。最初にいたお前が犯人だったか。

真実はこうだ。寝起きのくるるんは瓶の中、しかも冷蔵庫にパンを入れてしまった。そしてそれを何も知らないローラが食ったというわけだ…

 

 

謎はすべて解けた!

 

 

犯人はくるるん、あんただ!

あんたはローラが食うだろうと思い、冷蔵庫にパンを入れた。そして思惑どおりに食った。そして犯人をローラに仕立て上げる計画だったんだ!

 

…などという冗談はさておき、そろそろ決着つけようじゃないか。とりあえず目つぶしにビームを浴びせ、蹴り飛ばしてダウンさせてからやる気パワーを取り戻す。そしてゲッターサイクロンで終了。チョンギーレは終始不機嫌だった。

 

 

次回、帰郷。

*1:オプーナではない

*2:サザエさんではない