読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へっぽこ軍曹のへっぽこ奮闘日誌

大体は絵を描いています。たまにアニメの感想やポイントサイトの情報を載せたりもしています

キラプリ7話

ちくしょう、3月早く終わってくんねぇかな。花粉症がひどくて集中力とか全然もたない。というわけですが、7話です。

 

冒頭は完全に前回までのあらすじです。

 

OPで3つ前のプリキュア*1がやったような攻撃が出ていました。

 

今回はドーナツですが、なんか見た目はイカリングオニオンリングで、鉄のように固い物体が大量にできあがっています。どうやらベーキングパウダーが入っていなかった模様。いちかはそんな初歩的なミスなんてありえないと主張していますが…

 

 

忘れてんじゃねーか!

 

 

そりゃ鉄のように固い物体ができるわけだ。

長老は、もともといちご山スイーツ工房でペコリンとスイーツを作っていたようですが、爆発で吹っ飛んできた(長老は実体をなくした)ようです。その原因となったのはキラキラルを狙う敵との戦闘によるものだったようです。そのせいで、長老は実体をなくし、仲間も散り散りになったようです。これつまり…

 

 

長老死んだんじゃね?

 

 

実体をなくしたって言ってるけど、簡単に言ったら死んだってことじゃないの?

キラキラルの暴発をモロに食らって死んだとかそんな感じ。しかし、ペコリンが仲間とはぐれたという悲しみがついに爆発し、飛び出してしまいます。

完全に塞ぎ込んでいるペコリンにかける言葉が見つからない5人。しかし、いちかは何かを閃いた様子。ひらめき力強いな。とりあえずわざと失敗してペコリンを誘う方法のようです。でも素で失敗してたよな、さっき。なんて思ってたんですが…

 

 

本当に失敗していた模様

 

 

目がマジだった。

にさせようにもペコリンのテンションは低いまま。大丈夫なのか?これ。

ドーナツ自体はうまくいった模様。デコレーションもしていますが、さすがにこれ以降アイテム化はないだろうと思う。そんなホイホイアイテム化してたらプリキュアの形態いくつ必要になるんだよ。

で、いちご山に行ってみたものの、工房は消し飛んで*2いました。そこにドーナツを並べたところ、幻影が見えました。

これやばくないか?考えたくないことだが、ペコリン以外みんな死んだとかそんなんじゃないよな?

そんな中で敵です。仲間達を模したドーナツがモノクロと化していきます。ペコリンの食べかけまでモノクロにしようとしています。今回の敵って本当にジャイアニズム全開だな。

そんなジャイアニズムの塊に怒りを燃やすいちか。変身です。

今回の敵は見た目に反して結構素早いです。ホイップの攻撃をことごとくかわしています。キラキラルを自在に操ることからプリキュアだと理解した模様。しかし…

 

 

お前はどこの天津飯だ!

 

 

4体に増えるのかよ!四身の拳かよ!

1対4ではさすがに分が悪い。四方からの攻撃には対応しきれず、吹っ飛ばされてしまいます。そこに4人がやってきますが…

 

 

明らかにあきらがおかしい*3

 

 

吹っ飛んだホイップ受け止めてるし!

これで5対4。数の上では優位に立ちました。そうか、マカロンが超電磁ヨーヨー使うのはデフォなんだな。ジェラートジェラートでサイクロンパンチ使ってるし。やっぱり必殺技的なものはないまま終了。多分ここからのダメな予想だと、ジェラートが豪熱マシンガンパンチかシャイニングフィンガー、マカロンが超電磁スピン的なものになるとか言ってみる。

 

いちかの提案でお店をやってみようという話に。大体まほプリ最終話のような感じのお店になるのかな。

 

次回早くも壁にぶち当たる模様。多分大人の事情ではないと思うが。

*1:キュアラブリー

*2:黒焦げになってるとかそんなリアルな描写はさすがにない

*3:ダ、ダジャレじゃないし!

キラプリ6話

花粉症がつらい。マジきつい。でも、6話ですよ。

 

冒頭、すっかり恋する乙女モードに入っているいちか。偶然も二度続けば必然です。またすっ転びそうになったところをあきらに助けられています。さてさて、どうなることやらね。

今回のOPにはGOプリ勢がいます。先週のリコの醜態と比べたらいろいろダメな気がするんですが…

すっかり恋の病にかかったいちか。まぁしかし、真実を知った時はどうなるのかを考えるとねぇ。名前を聞いてゆかりは何かを察した模様。あー、完全に知ってるね、これ。そして空気を呼んだのか読まないのか、いちかに一任して去っていく3人。ゆかりが何かしてくれそうな予感はしますが…

 

 

何もありませんでした

 

 

普通にチョコ買って終わりですよ。

しかし、そんな中敵が現れます。あきらの前で変身はできないと逃げますが、敵も2人を吹っ飛ばし、力づくでチョコを奪おうとします。吹っ飛ばされた状況からホイップに変身して応戦するも、攻撃をかわされてチョコを奪われてしまいました。

 

街では既にチョコのキラキラルが抜き取られており、チョコの入っているスイーツだけがモノクロになっています。隣のショートケーキが無事な分モノクロのチョコケーキが目立つんだよ。チョコを買いに行った店のチョコもすべてモノクロになっていました。ダークチョコというにも色味が違うしなぁ…

最後まで希望は捨てないと向かった先はスイーツ工房。ここでチョコを作ろうとしているようです。唯一無事だったいちかがあきらに買ってもらったチョコを使うようです。どうやら、ハート形で真ん中から割れていた模様。そりゃそのまま渡したらいろいろとまずいよな。

で、完成したチョコは例によってデコレーションします。まず間違いなくこれがアイテム化するでしょう。それを持たせますが、まぁ自重とか空気読むだとかそういうの一切ないのな、敵は。それすらも奪い取ろうとする強欲さを発揮します。

そうはさせまいと3人は変身します。ホイップだけだといいようにやられてましたが、今回は3人です。しかし、それでも押される。そこに颯爽と現れるマカロン。4人なら大丈夫だろう。そう思っていたものの…

 

 

4人でも押されるのかよ!

 

 

さらに、ホイップは変身解除に陥るほどのダメージを受けた模様。他の3人もホイップが欠けた分かなり押されています。前回圧倒的な強さを見せたマカロンでさえ苦戦する敵。このままではやられてしまう…そう思った時、あきらの思いに呼応したチョコがアイテム化しました。ま、まぁ4つあったし1つくらいアイテム化しても大丈夫なはずだ。

そして、5人目のプリキュア・キュアショコラへと変身したのです。しかし、変身バンクが実に宝塚っぽい。実物観たことないけど。しかし、肝心なことには気付いていない模様。男がプリキュアになる事例*1なんかほぼない*2からな!

敵は見えなくなるほど速く動いているようですが、それを嗅覚で追うショコラ。犬の能力が身に着いているだけに、嗅覚が鋭くなっています。かなりあっさりと決着がつきました。しかし、ここまで来ても誰も必殺技がないんですが。

 

最後の最後で父親によって女性であることが告げられました。こうして、いちかの初恋はものの見事に終了しましたとさ。

 

次回はペコリン回のようです。

*1:一番近いところでアンラブリー

*2:キュアゴリラ?知るか!

キラプリ5話

先週は不覚にも録画ミスで観られませんでした。気を取り直して5話から改めて。

 

冒頭、優雅に歩く女性から。来ると店が繁盛するという三つ星ニャンコなるものを見つける3人。しかし、触れられるのは嫌うようです。最初の場面の女性が来るやいちかの顔面に体当たりをかまして服従のポーズをとります。

 

OPは新しい映画のPV入ってますが…

 

 

リコ、ほうきの制御ができてないのかよ!

 

 

リコの魔法レベル下がってない?

 

冒頭の女性こそが4人目になる琴爪ゆかり。割と猫になつかれるようです。本人的にはあまり気にしていないようですが。割とクールな性格とも読み取れます。

ひまりが持ってきた本によれば、ゆかりは相当な完璧超人らしいです。人とコミュニケーションは取りたがらないタイプではあるようですが。

そんな中で、マカロンのキラキラルを狙う敵が様子をうかがっています。しかし、デザインが頭にヘルメット被ってるような感じなんですよね。仮面つけたら妙な理論を振りかざす超人*1っぽくなるんだよね。

やはり三つ星ニャンコのガードは固く、いちかは触れることさえままなりません。ゆかりが来るとあっさり服従する。で、なぜか付き合う気になったゆかりに連行されるいちか。買い物に付き合わせようとしていたようです。

だがしかし、しかしだよ…

 

 

本当に何でもできすぎやしないか?

 

 

クレーンゲーム一発取りとかもう才能の領域越えてるんだが?

しかし本人的にはなんでもできすぎることはつまらないと思っている模様。そんなゆかりを今度はいちかが連行します。

連行した先はスイーツ工房。ひまりとあおいが狼狽しています。作ろうとしているものはマカロン。しかし、マカロンは難易度の高いスイーツだと書いてあります。しかし、そういうものほどやろうとする気になるんでしょうか。作ろうと言い出します。

まずはメレンゲから…と言いたいところですが、そこから苦戦しています。しかし、ゆかりは難なくやってのけます。小さい頃から才能を発揮していたようです。ついでに、出身は関西…京都のようです。

そんなこんなでできあがったマカロンを試食。しかし、全員の動きが止まります。どうやら、失敗したようです。しかし、ここでゆかりは無言で工房に向かい、黙々とマカロンを作り始めます。はじめてうまくいかなかったことがよほどに予想外だったのでしょう。

 

で、一方敵はマカロンを手に入れてキラキラルを抽出し、巨大化しています。キラキラルを抽出されたマカロンはモノクロになった後に砕け散っています。確かに、モノクロのマカロンってどうかなって思うんだよ。

 

で、またも失敗。ゆかりは再度無言で向かおうとしますが、材料が尽きたようです。完璧超人ですら苦戦するマカロン。一体どれだけ難しいんだ?

失敗したマカロンにデコレーションしてねこマカロンにしてゆかりに渡すいちか。しかし、そこに敵が現れ、失敗作マカロンからキラキラルを抜き取り、モノクロにしてしまいます。あれ、今回は砕け散らないんだ。

さあ、変身です。しかし、のっけから物理攻撃が…しかし、物理耐性があるのでダメージは与えられません。なのでジャイアントスイングで投げ飛ばしてからクリームのクモの巣で動きを封じるという手になりました。しかし、敵はものともしていません。それどころか、逆にホイップを攻撃してきます。プリキュア側に物理耐性はないんだよな。

ここで、ゆかりの心境の変化と、はじめて持った人への興味に呼応し、ねこマカロン

アイテム化しました。その瞬間、4人目として覚醒したのです。

カロンは余裕たっぷりに敵を挑発します。そして、そのまま敵を弄んでいます。元が完璧超人な分、とんでもない強さになっているようです。散々に弄ばれて冷静さを欠いた敵に既に勝機はなく、怒りに任せて飛ばした岩も、マカロンにいともたやすく切り刻まれています。え、なんかこれ強すぎじゃね?

最後は形状がどう見てもコン・バトラーVのあの武器*2なクリームで終了。最終的に超電磁スピンとか使いそうで怖いよ。

そんなこんなで割といちかを気に入った様子のゆかり。三つ星ニャンコに再度挑みますが、あっさり回避されますが、その様子を笑う者あり。それは…まぁ、それは次回書いたほうがいいか。

 

次回で5人目登場です。

*1:ウォーズマン

*2:完全に超電磁ヨーヨー

キラプリ3話

2月の企画は若干失敗。3月こそは…ということで、3話いきましょう。

 

冒頭、青空バンドに遭遇。いちかは知っている模様。そこでボーカルやってる子が3人目の立神あおいです。

 

バンドではしゃいだ後にアイスを買おうということになったんですが、そこに現れた男子高校生2人組がいちかにぶつかり割り込んできます。それに対して注意しようとしますが、男子高校生はガラ悪く脅してきます。なんとマナーのなっていない奴だ。いるよね、こういう自分より弱そうだと見るとやたらと高圧的になる奴。でも、そういう奴ほど大したことないんだよね。案の定あおいに人間的なレベルの低さを笑い者にされて退散していきます。向かっていく気概のないあたりはザコですね。

そんなあおいに1つの機会。バンドコンテストなんてものがあるらしく。それに出る気満々です。作詞もあおいがやってるんですね。図書室で考えていたんですが、騒がしいいちかが来たせいで図書室内の生徒すべてに睨まれ、逃げるように退散するいちかとあおい。空気とか状況とか読め。

どうもあおいは頭よりも先に体が動くタイプのようです。思考も脳筋寄りです。どうもうまく歌詞が思いつかないようですが…

 

 

途中の寸劇は何だ!

 

 

なんかクローズっぽいイメージあったぞ!

気分転換にアイスを食べようにもアイスが消えたというのです。キラキラルのなくなったアイスは消滅するのかよ。モノクロのアイスも見たかった気がするが。

…と思ってたら食ってました。モノクロのアイスは放送できないのか?

あおいは普段とは違う方向性で歌詞を考えているせいか、他のメンバーも困惑しています。誰かに認めてもらおうとするっていう目的で何か作ろうとすると大抵失敗するよね。どこかでかっこつけようとするから。そんな中で空気読めないいちか。この子、本当に人の話を聞かないな。で、また何かひらめいた様子。

作ろうとしているのは空のように青いアイスだそうな。前作の空色スープのようなものでも作ろうってことですか?でも、青って基本的に食欲減退の色*1だよ?まぁアイスならいいんだろうけど。

案の定また我が道を突き進もうとするいちか。お願いだから一度立ち止まれ。まぁ、今回はひまりがブレーキ踏んでくれるからいいんだろうけど。普通にバニラアイスの原料を作り、ブルーハワイシロップと合わせるようです。ただし、ブルーハワイシロップにはあの悪名高き青色1号*2が入っているので注意ね。

 

結局いい歌詞は思い浮かばなかったあおい。やっぱりな。かっこつけようとするとダメなんだよ。さらにそんなタイミングでいちか来ちゃうんだもの。そんなことはお構いなしないちかによって差し入れられたのはライオンのアイス。それを見て、食べた瞬間何かを思い出した様子。即興で歌詞も思いついた模様。何この都合のいい展開。

で、いよいよ本番って時にアイスのキラキラルを狙う敵が出てくるんです。こいつのほうがよっぽど空気読めてないな。2人は変身して立ち向かいます。しかし、2人がやってることは足止め。敵のパワーがあり過ぎてそれもできていません。ライオンのアイスのキラキラルがこのままでは持ってかれてしまう。そんな思いが通って、アイスはアイテム化しました。うん、後で食べるとか言ってたけど、食えなくなったね。

そういうわけであおいが3人目のプリキュアになりました。さて、クリームで何をしてくれるのかと思ったら…

 

 

物理攻撃かよ!

 

 

物理攻撃封印なんてなかったんや…と思いきや、今作の敵は物理攻撃無効を標準装備しているとのこと。クリーム…キラキラルを使った攻撃しか受け付けないというなんとも都合のいい設定です。あれか。プロトデビルン*3か。

そこで両手に氷を纏わせてそれで殴りかかるかと見せかけて食わせるという技です。敵はアイスクリーム頭痛*4を起こしています。最後はクリームで包み込んでから凍らせてフィニッシュです。ジェラートは氷属性のパワータイプのようです。

 

最後は新曲を思いっきり歌い上げています。ありのままをやったほうが結局はうまくいくんですよね。

 

次回はシュークリームのお話。4人目ではないようです。

*1:食欲減退のために食べ物を青くするダイエットもあるそうな

*2:言わずと知れた合成着色料。毒性が強いと言われている

*3:歌以外の攻撃をまともに受け付けない

*4:かき氷を食べると頭がキーンとなる現象の正式名称

モッピーはじめました

どうもげん玉だけでは稼ぎが物足りないと思ったので、どこのサイトでも一番のおすすめと紹介されているモッピーをはじめてみました。

 

とりあえず初日で22円だけ稼いでいます。もちろん、22円程度で終わる気はありませんし、22円では換金もできません。

 

一番稼げるという理由は初日だけではっきりと見えてきましたね。

入力の仕事がものすごくやりやすい。レートは1件0.1円とげん玉と同じなのですが、入力のしやすさでは圧倒的にモッピーに軍配が上がりますね。なにしろ片手で全部できるくらい簡単な入力方式なんです。げん玉で採用している通常の入力の仕事も用意されていますが、圧倒的に選択式のほうが楽です。通常の入力の4~5倍のスピードで入力できます。必死に入力して500件がやっとのところを500件入力しても余裕なんです。今日だけで1000件は入力しましたね。これだけで100円です。

ゲーム面はさほどげん玉とレートは変わらないのですが、一部のゲームだけは同じ当たりやすさでレートがげん玉の10倍というのがあります。これに気付いちゃった以上、そのゲームだけはモッピーでやったほうが圧倒的に得です。しかも、換金手数料がげん玉と比べて1/5くらいなのでそこも魅力。一番すごいのは換金上限がないこと。げん玉では1日1万という上限がありますが、モッピーでは1日にいくら換金してもいいことになっています。

しかし、げん玉にはげん玉のよさがあるため、やめるということはありません。併用すれば2倍…いや、それ以上に稼げると思います。

 

☆ ★ ☆ お小遣いサイト モッピー ☆ ★ ☆ 

累計500万人が利用しているポイントサイト!

★タダでお小遣いが貯められるコンテンツが充実★
貯めたポイントはAmazonギフトやiTunesギフト、
Webmoney、現金等に交換できちゃう♪

なんと、モッピーを通じて
\月間50万円以上/ 獲得している方も♪


▼ 簡単1分 無料会員登録はこちらから ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト


登録が完了したら、メールが届くよ!
メール内記載のURLにアクセスしてみよう♪

あなたにオススメの広告が表示されるよ!
表示されただけでなんと、10ポイントGET♪

他にもアプリダウンロードや無料会員登録をするだけで
どんどんポイントが貯まっちゃいます!!

さらにあなたのタイプに合わせてお小遣いを貯めよう♪

▼▼▼ 遊びながらで貯めたい方必見 ▼▼▼

\完全無料/毎日見るだけ♪遊ぶだけ♪
PCでもスマートフォンでも参加OK!
タダでお小遣いが貯められるコンテンツが充実!

▼▼▼ ショッピングで貯めたい方必見 ▼▼▼

\ショッピングページがリニューアルOPEN/

ネットショッピングするだけでポイント貯まる♪
最大50%OFF!人気のショップも充実!
今だけ限定キャンペーンも実施中★

▼▼▼ ゲーム課金で貯めたい方必見 ▼▼▼

モッピー経由でアプリを起動して
普段通り課金するだけで課金額の3%を還元!
お気に入りのゲームで楽しみながらポイントを貯めよう!

▼ 簡単1分 無料会員登録はこちらから ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト


★★ 貯めたポイントを交換しよう ★★

モッピーは1P=1円であらゆる交換先に対応!

貯めたポイントは
現金や電子マネー、ギフト券に交換できちゃうよ♪

【現金】
全ての金融機関を取り扱っています!

電子マネー
nanacoポイント、楽天EdyWebMoneyWAONポイント

【ギフト券】
iTunesギフトコード、Amazonギフト券Vプリカなどなど


▼ さあ!今すぐお小遣い貯めちゃおう ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

企画だったもの

今日に向けて作ってたものがあったんです。

 

f:id:charpen:20170214012938j:plain

 

ご注文はうさぎですか?の天々座理世を一応は作っていたんですが、結局1枚絵しか間に合わない結果になりました。

ごちうさで1件リクエストを受けていて、資料集めをしていたんですが、その中で偶然その日向けにやれそうということで作ってみたものだったんです。

 

まぁ、1枚絵だけで今回はお茶を濁すということになります。シチュは例によって後日になります。というわけで、今からPixivに1枚絵を投稿します。

キラプリ2話

2月の企画ですが、多分1枚絵で終わりそうです。仕上げる前に2話にかかります。

 

冒頭、しゃべるカバンを助けたところからスタート。開けるとスイーツ工房になりました。しかし、オーブンを開けると何か入っているのはお約束です。無言で閉めるのもお約束です。中に入っていたものは、現在実体のない存在になっている*1ようです。

 

どうやら、今作におけるプリキュアはキラキラルを含むスイーツを作り出せる伝説のパティシエという設定のようです、いちかはプリキュアになることを快諾。ただ、プリキュアになればスイーツ作り放題食べ放題と勘違いしているようです。って…

 

 

それ前作じゃねーか!

 

 

それっぽい呪文唱えてもスイーツは出ねぇから!ここでのプリキュアは魔法使いじゃねぇから!ちゃんと自分で作らないとダメなのは当たり前です。無からスイーツを作るなんて芸当ははーちゃんでもない限りは無理です。

 

場面代わって学校の日常風景。3on3をしているようです。しかし、いちかは何を思ったかシュートで大ジャンプ。ダンクでも打つのか!?いや、ダンク打てる中学生も他のアニメにいるっちゃあいる*2が。

で、案の定被害が出るわけです。勢い余って本を読んでいた子に激突しました。その子こそが有栖川ひまり。2人目です。ただ、ものすごく引っ込み思案なのか、ものすごい勢いで距離を取り、本を落としていることを指摘されると猛スピードでその本を回収していきました。

で、家に帰ると母親からの手紙とともにドデカプリンのチラシが入っていました。母親からの手紙そっちのけで猛ダッシュ。母親は泣いていい。行った先には今まさに買おうとしているひまりの姿。しかし、ひまりはやはりいちかを見るや距離を取ってしまいます。その隙に幼稚園児の女の子がプリンを買っていき、2人はおあずけになりました。あのプリン、限定モノなんだろうな。

しかし、やはりプリンが諦められないいちか。そこにペコリンが「だったら作ればいいじゃない」などと提案してきます。半ば強引にひまりを引っ張り込んでプリンを作るための準備にかかってしまいます。

 

まずはカラメルからですが、直接鍋に砂糖を入れて火にかけちゃダメだよ。そのやり方だと確実に焦げるから。ひまりが何か言いたそうにしていますが、全く聞く気なし。いちかって、基本的に我流で突き進むタイプなんだろうか?

何度も何度も焦がすいちかに業を煮やしたのか、ひまりが爆発。正しい分量と作り方で作れば絶対に失敗しないと言い切ります。この言葉にはいやに説得力があります。中の人的な意味*3で。まずはうんちくから長々と語り出します。この子、そういううんちくから入る子なんだ。しかし、そのせいで煙たがられることが多いようですね。それが蓄積して引っ込み思案になったっぽいです。まぁ、クラスに必ず1人はいましたよね。そういう子。私は嫌いじゃないですよ。広く浅い知識しか持ってないんだよね、結構マジで。

 

いろいろ気になっていちかは図書館でひまりの持っていたものと同じ本を見つけてきたようです。しかし、いくら本を手にしてもそれを読み解く知識がなければ意味がない。まぁ、これの答えは割とシンプルな答えなんですけどね。正解は「砂糖以外に水も入れる」でした。砂糖水を煮詰めていけばできあがります。小難しいことを言うと正解までに長くかかりますが、結局はそういうことです。私はスイーツとかは作りませんよ?自炊でチャーハンとかカレーとかそういうものを作るくらいで。

ひまりの欠点は空気が読めないことなんですね。まぁ、私も割と空気読めないタイプなのでひまりの気持ちは分かるほうです。ちょっとしたことでも長ったらしく書いちゃうんですよ。シンプルにまとめるのが苦手でね。

さて、ソースができたら次は本体です。せっかくだから本体は大きいのにしようというひまりの提案です。所謂「バケツプリン」というやつですね。そこにいちかがデコレーションしてリスプリンになりました。しかし、いちかの「リス、好き?」という発言に対して…

 

 

何匹殺しても殺し足りないくらい嫌い

 

 

と思った私は立派なボウケンシャーです。ええ、リスは憎むべき敵です。世界樹の迷宮的な意味で。

 

別サイドではプリンのキラキラルを抜き取ってプリンをモノクロにしてる*4のがいます。で、そいつはいちか達の前にも現れ、バケツプリンをモノクロにしてしまいます。リスプリンもモノクロにすべく襲いかかってきます。そんな暴挙にいちかは立ち上がります。

 

早速変身しての戦いなんですが…

 

 

あれ、物理攻撃使ってるよね?

 

 

 

クリームを渦のようにして思いっ切り蹴り入れてるんですが。物理攻撃封印は嘘だったのか?

しかし、敵は柔軟な身体を持っており、蹴りの衝撃を包み込んでいます。さながらハート様のようです。倒すにはぶった切るか柔らかい身体をかき分けて内部から破壊する*5かでしょう。

しかし、南斗聖拳北斗神拳もなく、ましてや刃物すらないのでは不可能というもの。そんな中で、友達をなくしたくない思いが覚醒。ひまりの持っていたリスプリンがアイテム化しました。2人目の覚醒が行われたのです。しかし…

 

 

頭にプリン乗ってるのは新鮮さを感じない

 

 

だってキュアマジカルのトパーズフォームも頭にプリン乗せてたじゃん。色からしてトパーズフォームの延長にしか見えないんだよ。

で、敵はまた紫豚的発言*6をしています。お前のじゃねぇから!

キュアカスタードはリスの特徴を持っているため、非常に高いスピードを誇ります。これで敵を翻弄する格好です。カスタードの出したクリームは敵を縛り上げる縄の役目をしています。これ、応用すれば鞭のようにも使えそうな気がします。最後はホイップのクリームで包み込んで終了。今回は明確な必殺技はないんでしょうか?

 

次回は3人目。順調に増えていきます。

*1:死んではいない

*2:スラムダンク

*3:福原遥。まいんちゃんをやっていた

*4:黒ごまプリンに見えるため、あまりまずそうには見えない

*5:北斗柔破斬

*6:いやぁ!私のガンダムが!