読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へっぽこ軍曹のへっぽこ奮闘日誌

大体は絵を描いています。たまにアニメの感想やポイントサイトの情報を載せたりもしています

キラプリ16話

ポイントサイトでの稼ぎ減少が思ったより響いています。しかし、いつまでも落ち込んでもいられないので16話です。

 

冒頭、ジュリオが自分達に関係のある人間ばかりを襲うことに不可解さを覚えています。ゆかりは何かを感じているようですが…?

 

ゆかりの家はどうも京都の茶道関連の家のようです。今でもまだ好きという感覚が分からないようです。あきらにもそのあたりを打ち明けています。

2人は黒樹にはあからさまに警戒心を抱いているようです。ゆかりはその警戒心を隠すつもりはないようです。

ゆかりの家のお茶会にという流れになりました。他の4人は茶道の礼儀作法云々とかは大丈夫なんだろうか?そしてしれっとついてきている黒樹。こいつどこまで…

4人の分の着物も用意していると言っていましたが…

 

 

やっぱりな!

 

 

あきらの分は袴でした。つまり、男装です。

案の定作法は知らなかったいちか。その辺は大目に見るようです。

で、ここでなぜか黒樹にやらせようとするゆかり。何か考えがあってのことでしょう。黒樹は見様見真似で完璧にやってのけています。こいつ、どうなっている!?まぁ、さらに調子に乗っていちかが無謀にもやってみようと言い出し、チャレンジ前に撃沈するというお約束をやってくれました。

 

そして、黒樹がゆかりの心を見透かすような発言をして精神攻撃にかかります。黒樹は言葉巧みに何かを誘おうとしています。

 

いちかの思いつきで"おもてなし"をキラパティでもやってみようという流れになります。が…

 

 

何そのラッセンっぽい背景

 

 

スイーツよりも普通ーにー、ラッセンがーすーきー*1、ってか!?

ま、まぁ、でもゆかりには和スイーツを担当してもらうというのもありなんじゃないかって。しかも準備よく招待状まで出したという。送ったのはいつもの青果店のおっさん、晴れてリア充になった2人、あおいのバンドのメンバー、JKモブ5人…

 

 

ってこいつらにどうやって出した!

 

 

名前もないようなモブにどうやって!?

まぁしかし、最近のプリキュア主人公は人たらしの才能がある傾向が強いようですね。何となく自然に分かり合えるような感じの。

そんな中で、帰る途中のJKモブ5人にジュリオが襲いかかります。そのうちの1人がハンカチを落としていたらしく、ゆかりが届けに行く途中でジュリオに遭遇します。ここは単独で戦うことを決めたようです。

ジュリオもモブ達から抜き取ったキラキラルを武器化。今回の武器はモーニングスター…というか、アメリカンクラッカーというか、なんか微妙な武器です。しかし、攻撃は超電磁ヨーヨーに近いです。一瞬の油断でマカロンは吊るされてしまいます。さらにそこへジュリオの精神攻撃。しかし、マカロンは不敵な笑みを浮かべます。実は黒樹の状態でゆかりに精神攻撃をかけた際、ゆかりは嘘をついていたのです。姉がいて、そのおかげで割と好きにできている、という嘘を。ジュリオはマカロンに精神攻撃をかけていたつもりが、逆にマカロンの掌の上で踊らされていたのです。吊るされてピンチになったのもジュリオに精神攻撃をさせるため、敢えてピンチのふりをしていただけなのです。それにジュリオはまんまと引っかかったわけです。ジュリオよりも、マカロンのほうが一枚上手だったようです。

そんなわけで超電磁ヨーヨー対決に。既に見切っている、と大見得を切るジュリオでしたが、そうはさせないのがマカロン。意表をついてジュリオに手痛い一撃を食らわせます。ほどなくして4人が来ましたが、もうほとんど勝負ついてます。5人技のためだけに来たような感じになっちゃってます。というか、マジで4人の出番それだけで終了です。もうあいつ一人でいいんじゃないかな?今回だけはそう思いました。完全にマカロン、そしてゆかりに手玉に取られていた今回のジュリオ、いいとこなしです。

 

そして、黒樹の点てたお茶に対し、ゆかりもゆかりの祖母も、何かよからぬものを感じ取ったようです。まぁ、ジュリオだもんね。そして、今回の戦いが相当頭に来たのか、憎悪の視線をなぜかいちかに向けています。こいつ、今度は何をする気だ?

 

次回、なんかいちかが2つ前の主人公*2みたいなこと*3になってます。なんだか目が死んでるよ。2つ前の世界ならゼツボーグが誕生したり、絶望の種が芽吹いて絶望の森を形成したりする展開ですよ?

こうなってくると、次回は絶対に見逃せない。それはもういろいろな意味で。やるとしたらかなり先になるかもしれませんが、いちかで夢の鏡シチュでなんか凝ったものを作る時に絶対に役に立つと思う。次回を必ず見て、しっかりと頭に叩き込んでおかなければ!

*1:永野風に

*2:春野はるか。GOプリの主人公

*3:絶望して変身能力を失う。まぁ、あっちはカナタの一言で完全に折れて絶望したんだけど

げん玉よ、それはねぇだろ!

リーグオブジュエルの総報酬を変更するってアナウンスがあって、てっきり50000から20000くらいに下がるものだと思ってたんだ。それが2000(スマホ版は200)って何の冗談だよ。スマホ版なんかどんなに頑張っても1ポイントしか入らねぇよ。

あーあ、こうなっちゃうとげん玉のリーグオブジュエルはおすすめゲームからスルー安定ゲームに大幅ランクダウンだよ。今の見込みだとPC・スマホ両方合わせても3ポイントくらいしか入らないね。金額にして0.3円だよ。モッピー版のリーグオブジュエルもどんなに頑張っても1ポイントしか入らないけど、あっちの1ポイントは1円だからな。げん玉にしたら10ポイントだよ。

これからはげん玉版は完全に切るわ。モッピー版だけやってた方が絶対儲かる。0.3円と1円じゃ比べるまでもないね。

 

追記:モッピー版も2000ポイントから600ポイントに下がっていました。ただし、モッピー版はもともとどんなに点数稼いでも1ポイントしかもらえない状態だったため、下がっても問題ありません。むしろ、参加さえすれば1ポイント必ずもらえると考えれば、それなりにはおいしいと思います。

キラプリ15話

6月は現在放送中のアニメから持ってくることにしました。題材決まったところで15話です。

 

冒頭、あきらの妹のミク*1の話になります。どんな子なのかという話になりますが、そこに…

 

 

本人登場

 

 

病気がちだということなんですが、体調がよかったので外出許可が出たようです。

で、タイトルコールがどこかのイチゴ味の主人公っぽい*2のは気にするな。

ミクは4人のこともあきらから聞かされていたようです。ただなぁ…

 

 

統一しろよペコリン!

 

 

お前犬なのか猫なのかどちらかで通せよ!

半ば強引にキラパティのお手伝いをすることにしたミク。しかし、うまくいかない模様。オーダーがうまくいかないようなので、キッチンに向かうことにしたのですが…

 

 

なぜそこで歌う

 

 

あおいこれで本当に成績優秀なのか?

しかし、キッチンでも思うようにいかない様子。ま、まぁ最初からうまくはいかんものさ。最終的には買い物で妥協しました。しかし、あの八百屋のおっさん準レギュラー化してるな。

どうやら、ミクのお守りとはチョコのことだったようです。チョコを食べることで元気になる。チョコにあるキラキラルの影響なのだろう*3と思います。あきらにサプライズ的なスイーツを、という考えで何か作る流れになっていますが…

 

 

話はすべて聞かせてもらった!

 

 

と言わんばかりに黒樹が木の上から出てきました。なんだろう、このストーカー。しかも言い訳が苦しい。木の上で昼寝する奴なんているのか?

 

そうと決まればあきらには外に出ていてもらうことに。ゆかりも付き合わせます。きっとゆかりは空気を読んだんでしょう。あきらの疑問に対しては、ゆかりはなんとなく察しているようです。一方のあおいは空気が読めない様子。

サプライズで作ったものはチョコレートケーキ*4です。そんな中であきらはそれがミクが仲良くなったプードルをもとにしたと理解します。ここで麗しい姉妹愛でハッピーエンド…なわけがないんだよな。

あおい以上に空気の読めないジュリオがキラキラルを抜き取りに現れます。あきらは生身でこれを阻止しようとしますが、あきらはジュリオに殴られ、ミクのキラキラルが抜き取られてしまいます。早速ジュリオはミクのキラキラルを武器化。今回の武器は今度こそ槍のようです。ミクならば描きようは十分にありそうだ。

これによってあきらはマジギレ。ミクに手を出したことで、あきらの逆鱗に触れたようです。さあ、変身だ。

開始直後から怒りに任せて攻撃するショコラ。しかし、怒りは判断を鈍らせる。冷静さを欠いたショコラは攻撃を受けています。今回の槍からは小型の槍を射出できるようです。ショコラ以外が拘束されている隙を狙い、ジュリオはショコラを引き寄せ、槍で突き刺そうとします。

しかし、ミクの思いがキラキラルとともにショコラに届いており、これによってショコラが覚醒。さらなる力を得ることになりました。そして、放ったのが…

 

 

超電磁タ・ツ・マ・キィィィィッ!

 

 

い、いや、違うぞ!相手の動き一切止めないからな!

ここからはいつもの流れ。5人技で終了。武器は投げ捨てるもの(ry

歳月は人を強くすることが分かる回でしたとさ。

 

次回はゆかり回。黒樹の秘密も暴くかもしれない。そして次回キラキラルを抜き取られるのはJKモブっぽい。うん、ぶっちゃけあからさまにモブなのは描いてて楽しくないと思う。

*1:公式ページでは「みく」表記だが、ここでは「ミク」表記で通すこととします

*2:聖帝サウザー

*3:リアルな話をすれば糖分とかそういうのだよ

*4:トーショコラ方面ではない

キラプリ14話

企画絵は無事終了。しかし、6月がまだ待っています。作れず終わったものにするのか、新規にするのかはまだ決めていません。その前に14話ですよ。

 

冒頭、あおいのバンドから。突如ヒーロー然とした前口上で現れる執事あり。水島と呼ばれたその男は、あおいをお姫様抱っこして有無を言わさず連れ去っていきました。保護者代理などと言っています。しかし、謎の技術で煙幕を張って消えるあたりただものじゃないですね。

 

あおいは現われることなくスイーツ作りにも気が抜けているいちか。学校にも来ていないようです。ゆかりが地図を持っていて、行ってみようと言い出すのですが…

 

 

何そのざっくりした地図

 

 

適当すぎるだろ!

で、なぜかゲームのような移動中演出*1の中、あのざっくりした地図で普通に辿り着いた4人。インターホンから聞こえてくるのはあおいの助けを求める声。あおいが一瞬の隙をついて門を開けたようです。しかし、目の前に現れたあおいは…

 

 

別人28号

 

 

声がなければ気付かないレベルです。で、執事やメイドに取り囲まれて応接間か何かに通されています。ゆかりがあおいの家を知っているような発言…

 

 

知っているのか琴爪!*2

 

 

ゆかり「うむ」

 

 

どうやら、あおいの家は日本有数の大企業グループだったようです。そして、かなり家の締め付けが厳しいようです。水島の発言からそれがよく分かります。だって…

 

 

組織の効率化のためには個人の人格は無視される

 

 

といったことを無表情で言ってのけるんですよ?

しかし、メガネの下には何か違う表情があるようですが、メガネが本来の水島を隠しているようにも見えますね。メガネ割れろ*3

一方のあおいはがんじがらめなわけです。こんな生活いつまでもしてたらフラストレーションがたまって仕方ないよな。

あおいのことで悩む4人の前に黒樹*4が現れます。黒樹はこれを期に5人の気持ちをバラバラにしようともっともらしいことを言って諦めさせようとしますが、そんなことで諦めるようないちかではありません。

 

パーティー会場ではほぼノーブル学園式の振る舞いを強要されています。どうやらゆかりにはそのあたりの心得があるようです。

やはりあおいは家の締め付けが厳しいことに不満を持っていたようで、その締め付けを開放するためにバンドをやってフラストレーションを発散していたようです。

いちかはあおいなりのやり方でもう一度気持ちを伝えればいいと提案します。そうなると歌なんでしょうが…

 

 

3人はどこから連れてきた!

 

 

こいつらどうやってここに…

歌の力は奇跡だって起こす。このあたりが実にマクロス的なものを感じます。さあ、メガネ割れろ。

こんなことをすれば騒ぎになるだろうと思いきや、事前にゆかりがすべて手を打っていた模様。こいつ、一体何者…?

その結果、メガネが割れ…いや、透き通りました。しかし、どうしても本心を表に出したがりません。そのメガネ呪われてるんじゃねぇの?そうだ、そうに決まってる。だから割れろ。メガネ割れろ!*5

黒樹は歌の力でもキラキラルが増幅されることにも目をつけます。いや待て、それじゃあゼントラーディとかプロトデビルンとかその辺のノリになるぞ。そして、その場にいる全員のキラキラルを抜き取るという暴挙に出たのです。どうやら、多人数から同時に抜き取る芸当も可能なようです。抜き取られた人を描くということだったんですが、これだけ多いと収拾つかないから無理だよ!

これにはさすがにあおいも怒り心頭。変身です。

そしてジュリオもキラキラルを武器化します。今回のは槍か?と思いきや杖のようです。杖らしく遠距離攻撃が主体です。キラキラルから精製したクリスタル状の弾丸を降らせて攻撃してきます。

まぁでもね、水島のメガネの下の真意をジェラートも感じたようです。そして、ジェラートはそのキラキラルから単独必殺技をひねり出します。氷の粒が大量に生成されます。ここで…

 

 

散弾ではなぁ!*6

 

 

と想ったんですが、どうやら氷塊だったようです。

そして5人技で終了。しかし、ジュリオはこれらの“実験”と称するもので何をしようというのかがまだ見えてきません。

 

そして、あおいは帰ってきました。水島の弱みを握ってコントロールする形で我を通したのです。ただし、テストで学年5位以内という厳しい条件だけは課されましたが、もともとそれはできていた模様。しかも「簡単じゃん」と言ってのけるくらい勉強はできるようです。もしかして、あおいって相当ハイスペックな人間だったりするのか?

 

次回はあきら回。妹ミク*7も登場するようで、どうもミクのキラキラルが抜き取られそうな予感です。

*1:FM音源っぽい音まである

*2:いや、民明書房には移行しないよ?

*3:マクロスF的な意味じゃないぞ?

*4:この状態をジュリオと書くとややこしくなるのでこの表記で今後統一します

*5:それ言いたいだけだろとか言ってはいけない

*6:またブランとアッシマーかよ

*7:初音ミクではない。中の人は今作ゆかりやってるけど

5月企画投稿完了

さきほど、Pixivへの投稿を完了しました。

何を投稿したかをここでも貼っていきます。

 

f:id:charpen:20170428011350j:plain

 

ToLoveるより古手川唯です。ダークネスの連載が終わったことが記憶に新しいと思います。なんか、彼女のような性格だとこういう目に遭いそうじゃないですか。原作でもいろいろとひどい目に遭っていますし。

f:id:charpen:20170428011612j:plain

f:id:charpen:20170428012112j:plain

一応こういうのも。リトさんつけたのは、不可抗力でこうなるだろうという予想のもとです。

5月の企画完成

なんとかその日までには間に合う算段がつきました。

とりあえず、投稿予定日は5月4日になります。誰を描いたかは、その時に出します。

キラプリ13話

いよいよゴールデンウィークだよ。ここでいろいろ進めたいけど、ひとまずは13話を。

 

冒頭、キラパティでは続々と新作スイーツが出ている模様。いつものようにひまりがうんちくを語るわけですが、商店街のおっちゃんがPR動画のリポーターを探している様子。おっちゃんが目をつけたのは…ひまりでした。

一方でジュリオは5人がプリキュアであることを看破した模様。芋づる式にバレるよな、やっぱり。

 

俄然やる気のいちかでしたが…

 

 

被り物なのはどういうことなの?

 

 

なんかね、見た目とかノリとかが2つ前のシリーズのどこかの誰か*1とモロ被りなんだよね。そいつはノリノリで被り物してたけど。ただ、ひまりは極度のあがり症かつ人見知りなためか、この仕事に対して苦手意識を持っています。それこそカメラを直視できないレベルです。前途多難だなぁ。ただ、緊張が限界に達すると暴走して余計なことをベラベラしゃべる模様。それやばくね?

そんなこんなでできた動画をアップロード。再生回数は…

 

 

 

 

ダメだ。全然話にならない。

そこであおいが打ち立てた作戦はアイドル作戦。なんかあざとい方法で再生数を伸ばそうという魂胆です。次なる動画をアップロードした結果が…

 

 

( ゚∀゚)<3!*2

 

 

わーい、3倍になったー(白目)

その後はただのやってみた動画になった模様。ダメだこれ…

再生数伸びる動画って作るの難しいんですよね。私も動画やってた時期がありました。最大は500でした。ただし、コメント欄はボロッカスでした。「才能ねぇよ、やめちまえ」という結論に至って敢え無く引退しましたけどね!

意気消沈しているひまりの前に現れるジュリオ。ゆさぶりをかけるとともに、軽く精神攻撃をかけています。そんなジュリオの精神攻撃に折れかけているひまりに対し、いちかは何かを察したようです。

気分転換を図ろうとしたようです。ひまりも自信を取り戻しかけたかと思いきや、そうでもなかったようです。自分が知りたいと思ったことのきっかけを思い出し、今度こそ勇気を振り絞ることに決めたのです。チュロスが星形であることの理由と必要性*3を。

しかし、そんな中でジュリオはやってくれました。チュロスの秘密を知りたがっていた親子から、キラキラルを抜き取ったのです。どうやら、杖を向けさえすればある程度遠距離からでもキラキラルを抜き取ることができるようです。12話のように至近距離からでないとダメというわけではないようですね。

ジュリオは相当自分勝手な理屈を振り回しているようです。キラキラルを返してほしければ力づくでやってみせろということです。そんなジュリオの傍若無人さに怒り心頭な5人は立ち向かうことを決意します。既に目の前で変身することに関しては開き直った模様です。

 

そしてジュリオもキラキラルを闇に染めて武器化します。キラキラルの性質によって具現化される武器は変わるようで、前回が剣だったのに対し、今回は弓です。そして、恐らく毎回武器を変えて直接対決する展開になるようですね。

弓とはいってもどことなくゴッドゴーガンっぽいです。束ね撃ちっぽいこともしています。さらには追尾機能のある矢まで放てるとんでもなさです。

しかし、ジュリオの傍若無人さにはある種の清々しさがありますね。プリキュアでこれほどまでのドクズが見られるとは。そんなクズに対してカスタードもキレます。他の4人も許せない気持ちです。そこで、ジュリオはサジタリウスの矢*4のように矢を放ち、空中で炸裂させ、八式弾*5のように矢を自己鍛造し、雨のように降らせたのです。しかし、カスタードはこれを無数のキラキラルの弾丸で1つ残らず迎撃したのです。これなら拡散攻撃もへっちゃら*6だ!

あとは5人技で終了。しかし、またも武器だけ置いて回避してしまうジュリオ。どうにかしてジュリオに当てる方法はないもんかね。

 

動画作りまくっての最終結果は…

 

 

318

 

 

戦闘力換算*7ラディッツ戦時点での悟空やピッコロくらいの数値*8にはなったようです。

 

次回はあおい回。どうやら、あおいはいいとこのお嬢様だったようです。

 

さてさて、今回キラキラルを抜き取られた親子についてですが、ぶっちゃけ完全にモブであり、資料的なものに恐ろしく欠けるため、シチュまで作るのはちょっと厳しいかもしれません。中途半端にしかならないなら、作らないほうがいいのかなと思っています。

*1:一条らんこ

*2:アホにしてみた

*3:説明の中でチュロスがあべししてたのは秘密

*4:世界樹の迷宮におけるレンジャーの強力スキル天に向かって矢を放ち、時間差で強烈な一撃をお見舞いする

*5:機動戦士ガンダムSEEDDESTINYでタケミカズチが放った自己鍛造弾。雨のように自己鍛造弾を降らせて対象を穴だらけにする

*6:散弾ではなぁ!

*7:動画再生数を戦闘力として見ることがある

*8:重装備時