読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へっぽこ軍曹のへっぽこ奮闘日誌

大体は絵を描いています。たまにアニメの感想やポイントサイトの情報を載せたりもしています

まほプリ22話

企画絵はほぼ完成しています。あとはその日を待つだけの状態です。

とりあえず、情報を得るためにも22話を見るべきでしょう。

 

冒頭、物語内でももう夏です。ドクロクシーが倒されても日常は変わらずです。どことなく気の抜けた印象も受けます。そして、そこに現れる謎の少女。まぁ、大体察しはつくのですけどね。

 

一方の魔法界…

 

 

若返ってるー!

 

 

薬膳茶ってそこまで万能じゃないだろ。

で、エメラルドに関しては見つかっていないようです。電話の人物が誰なのかは見えないのですが。もしかしたら、考古学者をしているというリコのお父さんなのかもしれません。確証はありませんが。

 

一方のみらいとリコ。魔法界はどうも春しかないようで、夏の暑さは未経験なようです。というよりも、魔法界は場所によって季節が固定されている模様。補習で行った氷の島は冬で固定されているようです。

しかし、みらいの様子はどことなくおかしいようです。お母さんはそれを察したようですが。で、外に出ようとほうきで飛び出す2人。やはりはーちゃんがいなくなったことが問題なようです。今までも散々探したようですが、見つからなかったようです。さらに、リコは魔法界に戻ろうとしている様子。エメラルドは魔法界そのものだったことが分かった以上、ナシマホウ界をいくら探しても無駄なのです。

 

キャシー*1が受けたお告げによれば、本当の邪悪はこれから復活するらしいとのこと。校長と電話で話していた人物が見つけたのは魔法のランプらしきもの。空にはランプの魔人みたいなものが。で、このランプの魔人、どうやら何者かに封じ込められていた模様。魔法界に瞬間移動し、ヤモーのしっぽからヤモーを再生させてしまいます。ヤモーはドクロクシー復活と、プリキュア打倒のために動き出すようです。そしてヤモーはドクロクシーの骨の力を借り、セミの幼虫*2と何かの玩具からヨクバールを作り上げました。演出からして強化版のようです。

またしても日常を破壊しようとするヨクバールを前にみらいの怒りが爆発。変身して立ち向かいます。今回はダイヤフォームです。

 

今回のヨクバールは、今までのものと比較しても基本性能が段違いです。通常攻撃ですら幹部に匹敵します。攻撃をムーンストーンタンザナイトの連携で反射しようとしますが、逆に吹っ飛ばされてしまいます。で、そんな不利な状況下で…

 

 

そのヒゲは何だ!

 

 

モフルンがやってくれました。空色スープを飲み、ヒゲをつけてくれましたよ。正直これネタだよな?

で、そんな時にリンクルスマホンが激しく光ります。モフルンのセンサーにも反応あり。そこに現れたのは冒頭に出ていた謎の少女。リンクルスマホンは彼女に引き寄せられ、闇を打ち払いました。そして、謎の少女の手にはエメラルドがあったのです。そう、この少女こそが最終形態になったはーちゃんです。

そして変身。変身するためには、リンクルスマホンに「F」と書くようです。そこに現れたのはプリキュア、キュアフェリーチェです。花がモチーフになっているだけに、前作のフローラと割と共通点があるっぽいです。変身バンクも前作からのいいとこどりで結構気合入ってます。

 

そんなキュアフェリーチェに、ヤモーはエメラルドを奪えと攻撃を指示します。しかし、フェリーチェはヨクバールの攻撃を片手で軽々と止めてしまいます。さらに、手だけでヨクバールを吹っ飛ばす超パワーです。フェリーチェ…というよりははーちゃんも力を持て余している印象を受けます。ミラクルとマジカルが圧倒されていた相手を、あっさりと圧倒するフェリーチェ。

 

があぁっ!パ、パワーが違いすぎる!*3

 

エメラルドの魔法を使うフェリーチェ。リンクルスマホンのタッチペンがワンドに変化するようです。ただ、持ち方がマイクみたいですが。その魔法は、ビームを放ってから2つのリングで素材を分離させて倒すというものです。

どうやら、今回のようなヨクバールを出すにはドクロクシーの遺骨を消費してしまうようです。最初に5本あったので、あと4本です。ヤモーは撤退していきましたが、ランプの魔人は終始高見の見物。しばらくは様子を見るつもりでしょうね。

 

で、少女ははーちゃんであることを明かしたわけです。2人から3人なったプリキュア。これから先の戦い、どうなるでしょうか。というか、フェリーチェとのレベルの違いをどうするんでしょうか?

EDで、あのランプの魔人の名前はラブーということが判明。しかし、名前しか分からないのですから、今後ラブーが何をするかが物語の鍵になりそうですね。

 

次回予告の描写を見る限り、はーちゃん最終形態は魔力が高すぎるようです。最初から異常に高い魔力を身に着けた状態のため、制御しきれないとかそういうことになる予感がします。

*1:水晶さんと呼ぶのはやめにする

*2:前作でセミの成虫を絶望させてゼツボーグを作ったら失敗だった反省ではないはず

*3:なんとなく島田兵