読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へっぽこ軍曹のへっぽこ奮闘日誌

大体は絵を描いています。たまにアニメの感想やポイントサイトの情報を載せたりもしています

まほプリ38話

10月の企画も無事に終わり、次の11月の企画の準備です。11月のキャラクターについては過去に一度描いたものなのですが、Pixivへの投稿はしていないものですので、改めて描き直しを行い、その日までには間に合わせます。まぁ、答え書いちゃうとリコなんですけどね。

さて、リコの下書きの前に38話を見てリコへのイメージを高めることにします。

 

冒頭、リンクルストーンの精霊とにらめっこのはーちゃん。しかし、ここではーちゃんがしてはいけない顔をしています。精霊さんを食べようとしていたようです。精霊さんは食べ物じゃないからね。みらいとはーちゃんはナシマホウ界のハロウィンと同じでお菓子をいっぱい食べられるお祭りだと思っているようですが、真相を知るリコはそんなに甘いお祭りじゃないと言っています。

 

しかし、飾りつけを見る限りはどう見てもハロウィンなんですよね。で、そこに司会進行で現れたのがマユ、というキャラです。なお、声はAKB48の渡辺麻友が担当しています。設定上はナシマホウ界でアイドルをしている魔法界の人間ということになっているようですね。

ここから何が始まるのか、リコはどうも浮かれるな、とでも言いたそうにしているようですが。解説に校長が収まっているあたり、微妙に嫌な予感がしますが。どうもカボチャドリというものが来ることが関係しているようですが…

 

 

ってもういたんかい!

 

 

オブジェのふりをしていたのがどうもカボチャドリらしいです。見つけた瞬間一斉にほうきで離陸している魔法界の住人達。ケイの話だと、カボチャドリは1年に一度現れ、騒ぎを起こして去っていくのだそう。どうやら、これを捕まえる祭りなのだそうですが、近寄ろうとするものを片っ端からお菓子に変えてしまうという、非常に厄介な能力*1を持っています。しかし、捕まえることができれば金の卵が進呈され、中には至上の喜びが入っているらしいのです。ただ、これを成功させたのは今までに1人しかいないとのこと。それが誰なのかは気になるところですが。

しかし、カボチャドリにはかなり厄介な性質があります。魔法を反射するという性質です。常時マホカンタ状態です。魔法で捕まえることはまず不可能とみていいでしょう。早速フランソワが挑むもほうきをペロペロキャンディーに変えられ、飛ぶスピードが落ちたにもかかわらずカボチャドリの攻撃を回避し続けましたが、最終的には頭をモンブランにされて終了しました。そして、過去にカボチャドリを捕まえた1人というのが校長だという噂が。

今度はみらい達3人と補習組のチャレンジです。まずは武器としてはーちゃんが巨大虫取り網を生成。大きさもイメージしたとおりになるようです。本当にはーちゃんの魔法はレベル高いな。まずはみらいとジュンで先行しますが、難なくかわされてジュンのほうきがアーモンドクラッシュポッキーにされてしまいます。その後もやられはしなくとも全く通用しない状況です。偵察のために接触しようとしたチクルンまで巻き込まれています。

 

しかし、ケイの手帳にはいろいろと書かれているな。さらっと攻略法まで書いてあったりするし。それもう攻略本になるんじゃないか?

そして、その攻略法に従いエミリーはカボチャドリの周りを回る作戦に出るのですが…

 

 

自分まで回ることはないよね

 

 

スピンしながら周囲を高速回転って、それもうほとんど忍者の芸当じゃないか。分身の術で周囲を回って攪乱するとかそういうの。攻略法どおりに目が回ったところをケイが触れますが、どうやカボチャドリの逆鱗に触れたらしく、即座にケイをロールケーキにしてしまいました。エミリーも無理のし過ぎでアウト。ジュンもほうきをやられて飛べない状態。これによって補習組は脱落となりました。

 

カボチャドリを追って大木*2にやって来た3人。ただし、はーちゃんは腹ペコで戦力になりそうもありません。何か動くものを見つけてとっさに虫取り網を振り下ろすみらい。そこで捕まえたのはカボチャドリではなく…

 

 

シャーキンスでした

 

 

何これ。出オチ感半端ないんだけど。まさかこんな扱いをされるとはシャーキンスも思っていないだろうな。さらに、カボチャドリを隠した犯人扱いされる始末。これはひどい。で、カボチャドリを見つけた瞬間はーちゃんが突撃し、案の定攻撃されますが…

 

 

あれ?効いてない?

 

 

違う。うまいこと直撃を避けて帽子をパフェにされただけでしたよ。

しかし、シャーキンスはそんなカボチャドリを攻撃し、吹っ飛ばしてしまいます。それに対してみらいは怒りますが、シャーキンスは3人に対して「お前達だって力づくで捕まえようとしてたであろう?」というまさかの正論が返ってきました。敵に正論言われるとか、今まであったかな?そのシャーキンスの正論でカボチャドリは本当はこのお祭りを嫌がっていたことに気付きます。まぁ、追い掛け回されるお祭りなんて嫌だよね。ただし世界樹の迷宮のカボチャ、テメーはダメ*3だ。

そして、シャーキンスは虫取り網とパフェでドンヨクバールを作り上げました。ちょっと待て、そんな材料でいいのか?ものすごく緊張感のない見た目してるんだけど。

 

さあ、変身です。今回は予告でもうバレていましたが、トパーズフォームです。ハロウィン回に一番ふさわしいとは言えるかな。

今回のドンヨクバールは姿ではあまりパターンが読めなさそうですね。イチゴを弾丸のように飛ばしてきますが、フェリーチェのピンクトルマリンのバリアで難なく防いでいます。

一方のモフルンはカボチャドリのところにいます。カボチャドリに異変があるらしく、調べるために口に入っていきます。

で、フェリーチェはシャーキンスの正論が精神攻撃になったらしく凹んでいます*4。そんな隙を突いてドンヨクバールに捕獲されますが…

 

 

ミラクルとマジカルの一体感

 

トパーズフォームでお菓子盛りになってる分一体感が半端ない。このままじゃ同化されそうで怖い。しかし、ドンヨクバールがしているのは激しく上下に揺さぶるだけ。こいつ、何がしたいんだ?

そこに現れるモフルン。どうやら、カボチャドリはお祭りを嫌がってはいなかった模様

。正解は虫歯でした。ケイが触れた際に激怒したのも、虫歯に触れられて痛かったからでした。ま、まぁ、こいつが歯医者に行けるわけないもんね。そこで、モフルンが抜歯したところ、元気になりました。あれ、引っこ抜かれた痛みとかは?

そして、カボチャドリはドンヨクバールの腕をガムに変え、脱出のきっかけを作りました。これ、もしかしてガム業界*5ステマ?まぁ、そのまま終了ですね。

 

どうやら、捕まえたのはモフルンということになったようです。一切捕まえる行動してなかったような。そしてモフルンに送られる金の卵。それを各自何か食べながら*6見守っています。で、補習組が出てきますが…

 

 

誰だ、ケイを食べた*7のは

 

 

ちょっとかじった跡あるぞ。

で、ジュンからは魔法でメダルがモフルンに送られました。これもそこそこレベル高い魔法の気が。さて、肝心の金の卵の中身ですが…

 

 

卵ですらなかったというオチ

 

 

歯みがきの木というものの種だったようです。え、魔法界って歯ブラシは収穫するものなの?校長これを知ってたってことはやっぱり…

で、みらいはよからぬことを考えているし、次回が怖いなぁ。

 

次回こそが真のハロウィン回。今週のは魔法界のってことにしといてくれってことでしょうか?

*1:ただし、魔人ブウのように食べることはない模様

*2:世界樹じゃないよ

*3:あいつらに追いかけ回されて何度地獄を見たか

*4:MPが足りないわけではない模様

*5:つってもガム業界ってロッテとモンデリース・ジャパンくらいしかないけどな

*6:なぜかでかい

*7:物理的に