読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へっぽこ軍曹のへっぽこ奮闘日誌

大体は絵を描いています。たまにアニメの感想やポイントサイトの情報を載せたりもしています

まほプリ34話

今週はリクエスト1つを1枚絵出せるところまでいけました。それに関しては日記の最後に貼ります。さて、34話にいきますか。

 

冒頭、物陰から誰かを見ているようなまゆみを目撃する3人。突然話しかけられものっそい動揺してますよ。前回の予告にもあった恋話ですね。今回の主役はまゆみです。サブキャラを掘り下げていこう企画*1の一環でしょうね。

 

みらいとリコは察したようですが、そういう知識も免疫もないはーちゃんは分かっていない模様。きっかけは雨の日にすっ転んだところで傘を拾ってくれたことらしいです。ここでリコは占いでなんとかすると言い出しました。それで水晶さん借りちゃったもんだから…

 

 

校長の話はスルーされました

 

 

なんとタイミングの悪い。そして…

 

 

さらにタイミングの悪いものが

 

 

飛んでるところをがっつり勝木さんに目撃されてるし!

ふふふ…ははははは!インスピレーション湧いてきたよ!いや、今回の感想には関係ないことですよ?

とりあえず、リコの格好についてはまゆみがなんとか説明してくれたからそれはそれでいいか。だけどもねぇ…

 

 

ちょっと知りたがり過ぎやしないか?

 

 

あれだよ。勝木さんは多分余計なことに首を突っ込んで痛い目を見るタイプだ。きっとそうだ。そのほうがいろいろこっちも捗る。

しかし、リコは突然占いに頼るなと言い出しました。勝木さんの目をごまかすためにはそれもやむなしでしょうが、まゆみのことはどうなるんだ?

しかし、勝木さんのリサーチ能力は今回に限っては*2まゆみの役に立ちそうです。しかし、これでますます余計なことに首を突っ込んで痛い目見るという何かを無性にやりたいインスピレーションが…

 

 

ええい、いっそやってしまえい!

 

 

今回勝木さんも描く。というかむしろ1枚絵出せるレベルには描いた!10月の企画を圧迫するかもしれないけど、リクエスト分と自分のやりたいものを同時にできるチャンスだ。リクエスト分が何かっていうのはまぁ、した人なら分かると思います。というか、むしろ今日の日記を見ていることを願う。

とりあえず、勇気を出して告白しようと思ったまゆみ。決意しても不安は払拭できない模様。それを勝木さんが熱心に応援する素振りを見せています。あれ、これもしかして…主役まゆみだけじゃない?

 

はーちゃんは「好きだ」と言うことになぜドキドキするのかを理解できていない様子です。まぁね、はーちゃんの好きは「Like」であって「Love」ではありませんからね。Likeを示すのにドキドキは必要ないでしょうが、Loveを示すのにはドキドキしますからね。

 

一方の敵サイド。他の奴らは起きる気配ゼロ。ここはシャーキンスがプリキュアを始末すべく動くようです。

 

翌日、日直で早く来たリコは、ラブレターを書こうとしているまゆみに遭遇します。でも、なんかそこはかとなく嫌な予感が。何の予感かはまぁ、ね。

どうも、まゆみは最初今の中学には友達がいなかったようです。一人だけ学区の関係上違う中学に編入されたとかで。最初に友達になったのがみらいだったようです。なんでしょうね。プリキュアの主人公って、何かしらの人たらしの才能を持っている*3とかそういうものなんでしょうか。

 

いよいよ決戦の日…いやいやいや、違うから!戦うわけじゃないから!

こうなったらもう当たって砕けろでしょう。でも、盛大に玉砕したら目も当てられないですけど。しかし、2人きりでないとダメっぽいことを言い出します。だけど…

 

 

鳩に襲撃させるのはいかがなものか

 

 

とりあえず鳩に追いかけ回され、1人だけになりました。かなり乱暴な解決法ですが、まぁいいか。

いよいよ直接対決…じゃなくて対面の時。告白のスタートです。そして、ありったけの勇気を振り絞って告白しました。が、しかし…

 

 

既に彼女がいましたというオチ

 

 

これは盛大な玉砕ですよ。こうなってしまうと、まゆみもかなりの精神的ダメージを負うことでしょう。前作ならここを付け込まれてゼツボーグにされる、となるのですが。そこは勝木さんがフォローしてくれました。なんだ、勝木さんすげぇいいキャラじゃないか。今まで正直ちょっと痛々しい子だと思ってましたけど。しかし…

 

 

玉砕した本人より号泣しているのはどういうことなの?

 

 

号泣したところをまゆみにフォローされてるし。これじゃあ役割が逆だ。

しかし、そこに空気の読めないシャーキンス。戦いになるかと思いきや…

 

 

スルーされました

 

 

今はシャーキンスよりもまゆみのフォローと言い切っています。しかし、それに腹を立てるシャーキンスは、ベンチと鳩時計を材料にしてドンヨクバールを出してきました。あれ、ラブレターは使わないんだ…

どうあっても邪魔をするシャーキンスにキレた3人は変身して応戦します。今回はルビーフォームです。さっさと片付けたいからか、攻撃重視ですね。

今回のドンヨクバールは鳩を飛ばし、振り子で殴りつけてくるようです。最初こそ一撃は当てられたのですが、ムカ着火ファイヤー*4な3人の前では無駄なこと。魔法も、無法さえも超越する力で殴り飛ばします。

 

 

うん、ただの物理攻撃だけどね

 

 

結局物理で殴るのが一番強いんですよ。

物理の後は魔法です。超魔法だけどね。3人技で終了。今回は速攻でぶっ飛ばされました。

 

敗北したシャーキンスの前に現れる新たな敵。名前はオルーバ。こいつは頭が切れそうな見た目です。

 

 まゆみと勝木さんはこの一件で友情を深めたようです。まぁ、これは一件落着でいいのかな?とにかくこの2人で終始してましたね。

 

 

次回は生徒会長にリコが立候補するというお話。そして、マジカルがポスターまみれになっている謎のピンチシーンが…

 

 

えー、最後になったということで、とりあえず1枚絵だけですがまゆみ描けました。

 

 

f:id:charpen:20160925191252j:plain

 

とりあえずここまでは出せる状態です。

*1:中盤くらいであるんですよ。そういう話が

*2:普段そのリサーチ能力を魔法使い探しに使っている。周囲はどう思っているのやら

*3:前作の主人公・春野はるかもそういった部分を持っていた

*4:ルビーだけにね