読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へっぽこ軍曹のへっぽこ奮闘日誌

大体は絵を描いています。たまにアニメの感想やポイントサイトの情報を載せたりもしています

まほプリ28話

今月の企画は無事終了。9月は恐らく企画なしでいくと思います。去年2つやりましたからね。というわけで、割と余裕で28話です。

 

冒頭、校長室から夏祭りの話題に。どうやら、校長は花火を楽しみにしている模様。3人も楽しむ気満々です。ただ、出し物は少々ナシマホウ界とは違っているようですが。

 

魔法学校の体系がどうなっているのかが少し分からないのですが、義務教育ではないこと、留年が存在すること、3年で卒業になること、くらいですね。今分かるのは。

しかし、見た目がナシマホウ界にあるような食べ物でも奇妙なオプションがつけられていたりするんですね。タコ焼きの具がはねるとかね。輪投げも輪自体が生きているとかいう違いがあります。そして、花火の打ち上げは補習組*1でやるようです。どうやら、花火の魔法はそこそこレベルが必要な魔法のようです。そして、今回はシシー達も海から出て花火を見るんだとか。空を泳げるようになったのか?

しかし、異変が起きているようです。ドンドンバラという花がしおれています。本当はもっと大きく咲く花なのだそうですが。この花も太陽の光で大きくなるそうなのですが、それがあるのに小さいままということ。先週もビーカンみかんの件で同じようなことを聞いているだけに、この2つの異変は偶然ではない、何らかの要因が働いているものと思いますね。むしろ、花火を花でやるという発想がとんでもないですね。ただ、アイザック先生が日陰で咲くパチパチバナという花火花があるという話をしています。

 

で、ペガサスの森にならあるかもしれないと踏んで探しに出る一行です。ペガサスの森班はみらい、エミリー、はーちゃん。図書館で調べてくる班はリコ、ジュン、ケイになりました。で、エミリーは高所恐怖症を完全に克服し、魔法のじゅうたんの運転免許を取ったと言っています。魔法のじゅうたんって免許制なんだ。しかも学生身分でも取れちゃうんだ。魔法界はナシマホウ界とは大きく常識が異なっているようです。

 

一方の図書館班。ジュンは図書館の本のジャンルごとの場所を完全に把握できるレベルにまで図書館に通い詰めていたようです。ケイもやたらと準備がよくなっています。ここまで総合すると、補習組は完全に弱点を克服してしまっているようです。これ並大抵の努力じゃできないぜ?

 

しかし、パチパチバナに関しては全く分かりません。魔法界にはパソコンやスマホはありません。ググるとかそういうのはないのです。図書館班の地道なローラー作戦でやっと見つけました。偶然にもその場所は、ペガサス班が教えてもらった場所だったのです。送り届ける手段は伝書鳩だったりします。ナシマホウ界のものよりは高性能なようですが。電話的なものは普及してないんだね。

目的地に着いてそれらしい花は見つけたものの、色違いで3種類あります。これはこの時点ではパターンが読めないですね。全部そうなのか、正解は1つだけで残りは違うものなのか、あるいは危険な花が混ざっているのか…

 

正解は、正解は1つだけで残り2つは危険な花でした。1つはおしゃべりになる花、もう1つは眠らされてしまう花*2図書館班も正解を選ぶことを信じています。ただ、明らかに汚れていて読めないところが人為的に汚されているように見えるんですが。

 

選んだのは黄色でした。あとは持ち帰るだけ。しかし、こういう時にこそ空気の読めないのが来るんですよね。そう、ラブーです。せめて送り届けるまでは待っててもらいたいよね。リコはギリギリ突入して分断されるのを避けました。そしてラブーは、弓矢*3とウサギのぬいぐるみを使って、ドンヨクバールを作り上げました。今回遠距離戦になると踏み、機動力のあるサファイアフォームでいくようですね。

 

…と思いきや、いきなり接近戦を挑んできました。簡単に吹っ飛ばされます。ただ、弓矢には殺傷能力はないよう*4で、ミラクルの顔面に直撃しましたが、大したことはなかったようです。

しかし、ドンヨクバールはリングを飛ばしてミラクルとマジカルを二人三脚状態にし、フェリーチェの腕を封じました。ただ、フェリーチェのこの封じられ方は、リングをぶっちぎる予感しかしない*5んですが。しかし、ラブーがパチパチバナを捨てたことがミラクルとマジカルの逆鱗に触れ、二人三脚状態という、息さえ合わせれば攻撃は可能という状態からドンヨクバールを吹っ飛ばしています。そして、大方の予想通りリングぶっちぎりました。そして、逆にリングをドンヨクバールに被せたのです。ただ…

 

 

これ絶対首絞まってるよね

 

 

絵面が子供向けとは思えないくらいえげつないことになってるんだが。化け物だったら首絞めてもいいのかなってちょっと思ったり。

いろいろと業を煮やしたラブーの攻撃をサファイアの魔法で相殺し、フェリーチェが分離して終了です。

 

補習組3人でやるのかと思いきや、みらい達も入れて6人で花火を打ち上げるようです。しかし、この段階ではまだ確定していないようです。もしも間違っていれば、6人揃ってマシンガントークか6人全員が眠る結果になります。結果は正解でした。ここまで盛り上げといて失敗でしたになったらそれはギャグです。たくさんの人が夜空を彩る花火を見ています。人魚達は海からは出ていないようです。ただねぇ…

 

 

6輪の量じゃないよね?

 

 

 

どんなに少なく見積もっても数百発は上がってるんですよね。

 

次回…

 

 

って何だそのカオスな絵面は!

 

 

ダメだ。次回の展開がまるで読めん。バッティ、スパルダ、ガメッツ、ヤモーがなんか普通に出てるし、シンデレラっぽいことしてるし。これは確実にカオス回になるぞ…

*1:魔法学校の男子生徒にそう呼ばれていたりする

*2:危険な花びらではないはず

*3:屋の先は吸盤になっているやつです

*4:先が吸盤じゃそうだろうさ

*5:ほぼ魔人ブウゴテンクスギャラクティカドーナツ食らった体勢なんだもの