読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へっぽこ軍曹のへっぽこ奮闘日誌

大体は絵を描いています。たまにアニメの感想やポイントサイトの情報を載せたりもしています

まほプリ10話

次の企画、間に合うかどうかが不安になってきています。今は10話ですよ、今は。

 

冒頭、リンクルストーンはナシマホウ界にあるという話から、リコはみらいと一緒に行くことになった、という話は9話にもそれっぽく示唆されていましたね。予告にあった貝は冒頭でもう使ってしまうようです。この中に入るとよく眠れる、というどこかの青いネコ型ロボットが出しそうなもの*1を出してきました。

 

校長は何か考えがあるようですが、今はそれを推し測ることはできません。

 

で、ナシマホウ界に戻ると、いきなりものすごく雑にリンクルストーンが落ちていますあまりに雑すぎて、罠を疑いたくなるレベルです。しかし、そのリンクルストーンを持ち去ってしまうカラス。これ、前作のクローズだったりはしないよね?で、それを追いかけるはーちゃんとリコ。みらいも追いかけようとしますが、ほうきが出せずに見失った模様です。

さらに、リコはおなかがすいて魔力が足りなくなり、あえなく落下。本人の名誉のために言っておきますが、これは制御不能になったわけではありません。で、落ちたところが道のど真ん中。車の通りが多く、身動きが取れなくなりました。

どうにか隙を見てかいくぐったところに自転車。この自転車、リコを避けようとする素振りが全くありませんでした。そこを引っ張って助けたのがみらいのお母さんです。おなかがすいているリコを見て、おにぎりを食べさせてくれました。ナシマホウ界に慣れていないリコからしたら、見るもの食べるものがすべて新鮮なのです。

一方でリコを探すみらい。ちゃっかりクッキーを食べてます。で、モフルンが甘い匂いを感知し、見つけたのはリンクルストーン。リコじゃないと去ろうとするみらい…

 

 

ってちょっと待て!

 

 

リコ>リンクルストーン ってそれでいいのかよ!しかし、今度は猫に持ってかれました。何なんだこれ。リンクルストーンくわえた野良猫、追いかけて、普通に駆けてく、陽気なみらい。って何かの主題歌*2っぽく言ってどうするんだ!

ひとしきり話し込んで、みらいを探しに行こうとするリコに、みらいのお母さんは「一緒に探そうか」と言い出します。そして「探し物は一人より二人」とまで言い出します。みらいの性格ってモロに母親似なんだなと思いました。

で、みらいも腹ペコです。大きくて甘いものが食べたいと思い浮かべたものはいちごメロンパン。パンは確実に空腹を満たすよ?小さなものでも50%回復*3だ。

 

というわけで、いちごメロンパンの店で再開した2人。ついでにリンクルストーンを持ってる猫もいます。しかし、その猫は運悪くスパルダに捕まってしまいます。しかし、自分の糸で鼻を刺激し、くしゃみをしてリンクルストーンを落とす大失態。敵もなんか微妙にダメだな。で、渡すまいと捕まえていた猫の毛とバイクを素材にしてヨクバールを作り上げます。生き物を素材にすると不安定になるからと、毛だけを採用する手に出ました。

そして2人も変身。ここはサファイアフォーム*4で速度でいく考えのようです。フォームで戦闘スタイルが選択できるのは本当にいいと思いますね。

今回のヨクバールはバイクが合体しているだけに、スピードはかなりのものです。それに関してはサファイアフォームでしっかりと追従できています。しかし、サファイアフォームはスピードに優れる反面、パワーが劣るようです。そこにヨクバールの爪攻撃が炸裂。吹っ飛びはしましたが、切り刻まれる的な表現はない模様。ちょっとくらいコスチュームが引き裂かれたほうがリアルな気もするのですが、今の子供向けにそれを求められないのでしょうね。

で、今度は追いかけっこです。ヨクバールは高速道路の上を爆走しています。最終的はビルを垂直に爆走しています。パワーがないならないなりの戦い方はあります。連係攻撃と空中戦で多角的な攻撃を仕掛けていきます。魔法一切なしで。最後は水圧で押し潰してフィニッシュです。

で、みらいの家に到着。お母さん怒ってない?

そいでもって、なんか教頭までナシマホウ界に来てるんですが…

 

次回、トパーズフォームが解禁です。リコはナシマホウ界の学校に通うことになるようですね。

*1:ドラえもんのこと。デンデンハウスという似たようなものがある

*2:サザエさんの歌っぽく言ってみよう

*3:不思議のダンジョンの話です

*4:本当はフォームじゃなくてスタイルと書くところなんですが、私の好みでフォームと書いています。ご容赦ください