読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へっぽこ軍曹のへっぽこ奮闘日誌

大体は絵を描いています。たまにアニメの感想やポイントサイトの情報を載せたりもしています

まほプリ9話

大体用意できてない。うん、ダメだ。まぁ、そこは9話見てモチベーションを、ねぇ…

 

冒頭、最終補習前夜となりました。合格したら、みらいとリコは離れなければならないようですね。

 

で、最終補習になって、ケイは忘れ物をしなかったようです。ドアの前に必要なものを書いた紙を貼っておく*1、という方法でですが。

 

最終補習の内容は、5人がかりで先生の帽子についた花を咲かせる魔法対決とのこと。つまり、先生がボスとして立ちはだかるわけですね。誰か1人でも花を咲かせることに成功すれば全員進級、というものです。ただし、自分達の帽子についている花を咲かせられてしまった場合は退場。全滅したら全員落第というルールです。そして、その相手とは…リズです。アイザック先生では肝心な時に入れ歯が飛んでダメになると思ったのでしょう。

 

で、一方の敵サイド。向こうの世界にリンクルストーン目覚めの兆しありという占いの結果。向こうの世界とは、間違いなくナシマホウ界でしょう。ただ、バッティだけは単独で魔法学校に向かっているようです。しかも独断で。

 

さて、いよいよ最終補習開始。みらいは開幕ぶっぱで勝負を決めようとしますが、当然かわされてしまいます。闇雲に攻めても勝てないでしょうね。それよりも、エミリーがきちんと飛べていることが驚きです。あれほど高所恐怖症だったのに…

ケイもまた、そこら辺の木の芽を伸ばしてリズの動きを封じようとしますが、動けなくなったと見て前後から魔法を放つジュンとエミリーを見て、封じを外してかわし、逆に前後から攻撃したジュンとエミリーを同士討ちさせるということをやってくれました。ちょっとやそっとでは勝てないようですね。

みらいはみらいで魔法を闇雲に連発しているだけですね。MPなんかはどうなっているんでしょうね。しかしそれも、リコの夢を応援したいからなんですね。しかし、リズも雲の渦を作ったりと簡単にはやらせてくれません。しかし、2人は状況を利用してリズに奇襲をかけ、最後のすれ違いざまの一閃…じゃなくて一発の魔法。リズの帽子の花が咲き、これで終了。全員合格となりました。

しかし、そこに現れるバッティ。どうやら、終わるのを待っていたようです。敵ながらなんと律儀な。今度は花とスタンプシートを合体させてヨクバールを作りました。ただし、見た目は蝶です。しかも、なんか毒々しい感じ*2の。

 

ヨクバールを倒さない限り、スタンプシートを取り戻せないと判断した2人は変身します。今回はルビーフォームです。どちらの素材も火には弱いでしょうね。このフォームは力が大幅に上がるので、今回のパワータイプの敵にもパワー負けしません。片手は握ったままの状態でぶん投げてるくらいです。今回とどめにかかるのがやたら早い気がします。今回もエグ・ゾーダスで終了です。

 

冒頭で言ってたとおり、これで魔法界からナシマホウ界に帰ることになったみらい。いろいろとプレゼントを渡されます。生徒手帳まで渡されています。しかし、リコは見送りの場には来ません。しかし、ここでリコがナシマホウ界に向かうという展開に。まぁ、これは予想できる範囲ですね。というかむしろ敵サイドのやり取りでその可能性は見えていました。そしてカタツムリニアに飛び乗るリコ…ていうか…

 

 

これ無賃乗車だよね?

 

 

しかも頭にダイナミックとかそういうのがつくようなの。舞台はナシマホウ界へ。ナシマホウ界編になるのでしょうね。

 

次回、リコが貝に入る場面が。いったい何があるんだ?

*1:注意欠陥障害などに有効な手段でもあるそうな

*2:毒吹きアゲハではない