読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へっぽこ軍曹のへっぽこ奮闘日誌

大体は絵を描いています。たまにアニメの感想やポイントサイトの情報を載せたりもしています

46話

結局クリスマスネタは出せないまま終了。年賀ネタもかなり怪しい感じに。それでも、46話なんです。

 

冒頭、大掃除からスタート。カナタが戻ってきているため、トワは新年を一緒に過ごせるようです。で、一方で完全に絶望しきっているシャット。もはや、なんとかしてプリキュアを倒して戻るという考えには至れなくなっているようです。

 

で、雪が積もったので雪を楽しむ4人。きららの作ったパフとアロマの雪像がやたらレベル高い*1んですが。そんな中でトワが作ろうとしているのはホープキングダム城。まぁ、あれをそうだと認めたくない*2のは分かりますが…

で、そのあたりから男子が参入して超巨大な城を作ろうなどというとんでもない流れに。話大きくなってるよ。それどころか、生徒が次々と集まって学園で作るレベルにまで話とスケールが巨大化。この学園どうなってるの?そんな中で「話は全て聞かせてもらった!(AA略)」と登場してくるらんこがいたりしましたが、軽くあしらって大して弄らず終了しました。

…というか、炊き出しまで出すとかどこまで話大きくしてるんだ?

で、よくよく見たらモブオールスターになっていました。今まで素体にされたことのある学園のモブのほとんどは確認できました。2話のサッカー部員と3話の柔道部員は残念ながら見つけられませんでした。

 

そんなこんなで城完成。これ、さっぽろ雪まつりに出したらすごいんじゃないか?

 

一方で途方に暮れるシャット。なんかやつれて*3います。ふらふらと歩いた先で辿り着いたのはノーブル学園。トワ一人のところに遭遇しました。既に目的も見失いかけるレベルに絶望しています。それどころか、ホープキングダム城の雪像にまで八つ当たりする始末。敵ながらここまで哀れだと、なんか死んでもらいたくないな、と思ってしまいます。

今回はゼツボーグを用意するような余裕も素体もないので、シャットが直接対決です。4人集合して、まずは黒い一撃を放つシャット。かわすのは簡単な攻撃、だが、かわせば雪像は粉々になる。スカーレットは雪像を守るため、敢えてシャットの一撃を防御します。でも、スカーレットは火属性だから、あんまりパワーを上げ過ぎると雪像を溶かしそうな予感がします。まぁそこは空気の読める4人。力を合わせてシャットの攻撃を弾き返し、シャットを吹っ飛ばしました。

シャットはまさかの行動に出ます。なんと、自分自身の絶望を食ってパワーアップしてきました。獣人化したシャットは、今までにない強さです。というか、このパワーが出せるほどの絶望をかなり前から持っていたわけですから、この絶望を今までのディスダークの作戦のどこかで使えたんじゃないかと思ってしまいます。そして、シャットはトワに対する憎しみをストレートにぶつけてきます。大体逆恨みですが。それでも、スカーレットに膝をつかせるところまで押してきました。

醜い復讐鬼と化したシャットの顔は憎悪に歪んでいました。現実を直視させるためにアイスキーを使って鏡を作るマーメイド。それを見てショックを受けるシャット。しかし、プリキュア達の説教はシャットを逆上させるばかり。そして、憎しみのオーラを増大させてついにハイパー化。化け猫になってしまいました。しかし、プリキュア達に積極的に襲いかかってくる様子はなく、むしろ暴走しているようです。

ここでフローラの提案。シャットを助けようと言い出しました。まぁ、このままにしておくにはあまりにも哀れ。倒すにしてもここまで哀しき悪役を倒すのはしのびない。でも、やってることはいつもと同じですね。浄化技をぶっ放ちました。ただし、倒すまでには至っていません。倒れている様は、どこかの誰かを彷彿とさせます*4

とりあえず、おとなしくさせてから説得という流れだったようです。説得の効果は不明ですが、この場は立ち去っていきました。シャットの心境の変化がどうなるかは分かりませんが、シャットがこのままディスダークと無関係になって生きるのか、プリキュア達の味方になるのか、はたまた一人でディスダークに立ち向かうのか、それは分かりません。

城のほうはゆいの指揮のもと無事修復したようです。本当にどういうことなの?

最後にシャムールからのマフラーを受け取って去るシャット。なんか、この先のシャットから目が離せなくなってきました。

 

次回はなんか超展開の予感がしますね。

*1:さっぽろ雪まつりレベル

*2:実物はおもちゃとなり果てた

*3:明らかにげっそりしている

*4:ぶっちゃけヤムチャ