読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へっぽこ軍曹のへっぽこ奮闘日誌

大体は絵を描いています。たまにアニメの感想やポイントサイトの情報を載せたりもしています

45話

年末のクソ忙しさをなめてました。おかげで、クリスマス企画も怪しくなっています。でも、45話にいってみましょうか。

 

冒頭、みなみの過去話から。好奇心から海を知りたいと考えていたみなみ。それをあすかに打ち明けていました。みなみの夢の変化というものを感じ取れます。

 

で、一方のディスダークですが、シャットに最後通告が出されました。どうもシャットも何らかのものから作られた存在のようです。すっかりと俗物に成り果ててしまったシャットの運命やいかに。

 

みなみはまだ、新たな夢を家族には話していませんでした。家族よりも先にあすかに話してはいたんですよね。不安そうなみなみを勇気づけようと、きららが何か思いついたようです。

クリスマスパーティーですが、またらんこがやってくれていますね。それ完全に芸人だわ。でも、ゆいの芸に見せかけたパフとアロマがしゃべるというものに全部持ってかれました。そいでもってアイドル的なことははるか達4人がやってしまったり。うん、らんこが完全にかませ犬だ。

で、みなみの母親からの電話で涙するみなみ。この演出に全米が泣いた、とまではいかないものの、ぐっとくるものはありましたね。その気持ちはすぐに伝えたほうがいいと提案するはるか。電話で呼び出し、後は会うだけのところにシャット。カメ型のメツボーグを連れてきたのです。

カメ型のメツボーグとは水中戦とはならないようですね。敷地内ですし。水を弾丸のように飛ばして攻撃してきます。しかし、戦いの舞台はなぜかホープキングダムに移ってしまいます。メツボーグの放つ水鉄砲に吹っ飛ばされ、絶体絶命のところにスカーレットの援護。火で防御するのは大丈夫なのかと思いますね。火属性では水属性を打ち消しにくいと思うのですが。しかし、メツボーグも水一辺倒ではありません。カメらしく、回転しての体当たり*1をしてきます。巨体での体当たりだけに、威力は相当なものです。

メツボーグの攻撃にひるまず応戦するマーメイド。高まる夢の力が、攻撃を押し返します。そして、サンゴキーを使った後、手刀か何かで弾き飛ばしてしまいました。ここからはいつもの流れですね。そして、第三の城・海の城を開放。最後に残るは、花の城だけです。

 

そして、すべてを打ち明ける時。しかし、両親はあっさりと受け入れましたね。それどころか、貴重な自己主張として尊重もしてくれました。

 

次回、ついにシャットがハイパー化するようです。

 

 

*1:完全にガメラ