読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へっぽこ軍曹のへっぽこ奮闘日誌

大体は絵を描いています。たまにアニメの感想やポイントサイトの情報を載せたりもしています

44話

今週は進捗なし。まただらしねぇな。でも44話を。

 

冒頭、みなみの夢から始まります。夢オチならぬ出夢です。やっぱり42話のあの1シーンがフラグに見えてきますね。

 

学園内ではクリスマスに向けての準備が進められていました。きららは一人英語とフランス語の勉強のようですが。

図書館でみなみを発見するきらら。しかし、みなみの様子がややおかしいようです。落とした本が何か関係するのかもしれません。落とした本は36話に登場したあすかが書いたものでした。あの時に、夢に変化があったのかもしれません。ついでに、はるかも何か様子がおかしいことを感付いてはいるようです。

で、学園にいたザマス風の先生*1、座間先生っていうんだ。すごい安直なネーミング…

で…

 

何をしているザマス!

 

アイドル風ザマス、警察官風ザマス、漫画家風ザマスに全部持ってかれた印象です。この先生でそんな強烈なものを仕込んでくるとは、今回のプリキュアは侮れない…

しかも、座間先生メガネから透けてる目がいやにきれいな目でした。その三角メガネ、ないほうがいいんじゃ…

 

で、生徒会職務中のみなみ。書類にも突っ込みどころが…

 

 

一条らんこ卒業記念像設立の令

 

 

いやいやあいつ何を出してるんだ。まぁ、当然ながらあえなく却下ですが。

そんな中で乱入してみなみを連れ出してしまうきらら。緊急事態だと騒いでいましたが。

で、連れ出した先であすかの本を渡すきらら。しかし、このアプローチは失敗だったようで、みなみはあまりいい気をしなかったようです。まぁ、それでもみなみが本心を打ち明けただけ成功とも言えるでしょうが。今までの夢と新しい夢の間で葛藤しているのが分かります。

 

で、なんかもういろいろ忘れられがち*2のシャット。何とか手柄を立てようと出かけました。そこに座間先生。連行されそうになったところを振りほどくために、その場しのぎに近い形で座間先生を素体にしてしまいます。どうもシャットは素体を場当たり的に選ぶ、もしくは緊急で選べる状況でなくなるパターンが多いですね。ものすごく絵としては描きづらいんですよね。ザマス系は。特徴が固定されすぎているため、それっぽさを出しにくいんです。

 

今回のゼツボーグは腕が4本あり、三角定規と黒板をくっつけたゼツボーグです。三角定規は攻防一体、チョークを投げつけてきます。しかし、マーメイドの様子がおかしいです。いつもよりパワーダウンしています。夢に迷いがあるせいなのでしょうか。夢の力がそのまま戦闘力に直結する今回のプリキュア。迷えばパワーダウンし、夢を失えば変身すらできなくなる。迷いを断ち切らなければ、やられてしまう可能性もあります。そして、シャットはマーメイドがパワーダウンしているところを見逃さず、マーメイドを集中攻撃させます。しかし、そううまくはいかず、トゥインクルの援護で難を逃れます。そして、フローラとスカーレットの言葉も加わります。そして、トゥインクルのこの言葉が決め手になるようです。

 

 

大事なのは、どうすればいいかじゃない。みなみんが、どうしたいかって

 

 

この台詞、どこかで聞いたことがあるんですよね。

思い出した。これ、鉄のラインバレルで矢島が浩一に言った台詞そのまま*3だ。あっちと違って悲劇は待っていません。マーメイドのパワーダウンがなくなりました。そして、水中戦に。今回のゼツボーグは水中戦に対応していないため、マーメイドに一方的に攻撃されています。そして、サンゴキーでの攻撃で大ダメージを受けています。やはりマーメイドの水中戦は安定しているなぁ。このままマーメイドだけでも倒せそうな気はするのですが、いつもので終わりです。ややオーバーキル気味ですが。

 

そして、みなみの夢は海を目指すことになったようです。

 

次回はクリスマスになるようですね。ゼツボーグはカメ型ということは、次回も水中戦があるのでしょうか?

*1:三角メガネをかけた「~ザマス」が口癖の先生

*2:クローズからもアテにされていないレベル

*3:大事なのは、どうすればいいかじゃない。お前がどうしたいかだ