読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へっぽこ軍曹のへっぽこ奮闘日誌

大体は絵を描いています。たまにアニメの感想やポイントサイトの情報を載せたりもしています

43話

やるだけのことはやった。普通に43話を視聴できそうです。

 

冒頭、幸せそうにドーナツを食べるきららから。で、また唐突にゼツボーグ。見た目は料理人っぽいゼツボーグ。遠目に見える素体も料理人っぽい。どうやら男性のようです。ただし、資料があまりにも少なすぎるため、描くのは無理です。

で、そのゼツボーグをあっさり瞬殺してしまうトゥインクル。このゼツボーグ、あまりにも弱い。で、おもむろに映るボアンヌさん。冒頭詰め込んでるなぁ。

 

やはりきららのことを気にしているはるか。きららに聞こうとしても、遮られてしまいます。そこに現れる社長とかりん。モデル休業という穏やかでない単語が飛び出してきました。休業はどうもきららの意思のようです。さらにボアンヌさんまでやってくる。ここできららに何か話を持ちかけてくるのでしょう。しかし、きららは何も聞かないまま断る始末。なんか様子がおかしいよ、今日のきららは。

きららを問い詰めようとするトワ。きららは「200%の力でモデルもプリキュアも両方やろうとしたけどダメだった」と言い出しました。しかし、それ以上の力で3つも4つも同時進行でやってのけたのが身近にいるんですよね。まぁはるかなんですが。

で、そのはるかが何かを思いついたようです。しかも、そのために講堂の使用許可まで取りに行っています。そして、その内容は…

 

プライズドリームファッションショー

 

大がかりな準備をしていたからちょっとやそっとのものじゃないでしょうね。

まずははるかがドレス姿で登場。自作物のドレスですが、どうもグレードアップさせているようです。イベントの主旨は、自分の夢を姿にしたファッションショーのようです。で、次はゆいが絵描きの格好で現れますが、ドレスの裾を踏んですっ転んだはるかに巻き込まれて転倒。ファッションショーとしてはかなりお粗末なようです。若干コスプレイベントにも見えなくもありません。

そこからはきららのクラスメイト2人*1、ゆうきと親衛隊3人*2、らんこ*3と続きます。しかし、らんこは歌おうとした瞬間に柔道部員に持ってかれてしまいました*4が。

さらに、れいこ*5、せいら*6、あやか*7、はなえ*8と続き、あとはダイジェスト処理です。

多分、ここがメインではなかろうかというところ。かりんがモデルとして出てきました。それを見て、きららはモデルっぽく何かをしてステラさんに褒められていることを思い出したようです。で、感想を聞かれればさらっとダメ出しを入れてくるきらら。しかし、はるかの言葉に心動かされ、自分もショーに出ようとしています。で、用意周到に衣装までこしらえてあったりします。ここでのトワとのやり取りが完全にトワが女房役なんですよね。

やはりプロは格が違った。ステラさんほどとはいかないものの、場の空気を一変させる力はあるようです。そして、ボアンヌさんの提案も聞こうと思ったようです。その後に行われたらんこの歌に関しては持ってかれはしなかったものの、編集でばっさりカット*9されました。

どうやら、プリキュアの夢の力が高まると城の力が目覚めるようです。それに気付いたディスピア様、メツボーグを差し向けてきました。ただ、その姿が…

 

ものすごいどこかで見たことあるような姿なんですが

 

なんというかね、こいつに出会ったら逃げるしかないとかそんな感じの姿です。対策なしに挑むとhageとかそんなの*10

このメツボーグは見た目どおりの雷属性らしく、サンダーブレスで攻撃してきます。しかし、割としのげる威力っぽいようです。フローラとトゥインクルを突撃させ、2人は肉弾戦、後方でマーメイドとスカーレットが援護する布陣です。で、またも繰り出されるトゥインクルの気円斬。すぐさまギンガキーでの攻撃。トゥインクル強すぎる。でも、最後は4人合体技でフィニッシュです。そして、第二の城・星の城の封印も解かれました。やっぱりRPG的展開だ。

どうもきららはボアンヌさんの新ブランドの専属モデルになるらしく、春にはパリに行く模様です。それまでに解決させるって、結構厳しい気がしますが…

 

次回はみなみ回。予告だけではほとんど予想ができなさそうな感じですね。

*1:警察官と看護師のコスプレ

*2:ぶっちゃけ部活のユニフォーム。ここはファッションショーでもなんでもない

*3:コメディアン…ではなくアイドル衣装

*4:強制退場とも言う

*5:裁判官

*6:野球のユニフォーム

*7:着物

*8:花束を持っていた。服装は花屋さんっぽい

*9:バラエティなんかではよくあること

*10:雷鳴と共に現る者。世界樹の迷宮シリーズで三竜として恐れられる、ぶっ飛んだ強さの敵