読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へっぽこ軍曹のへっぽこ奮闘日誌

大体は絵を描いています。たまにアニメの感想やポイントサイトの情報を載せたりもしています

28話

その週で間に合わせることに久々に成功したので、割と安心して28話を視聴できますよ。

 

冒頭、海を一望。海藤家のプライベートビーチ、というか島そのものが海藤家の所有ときますか。なお、今回はゆいに関して、置いてかれることはなかった模様です。よかったね。しかし、「泳ぐ」という単語に対して明らかに狼狽するトワ。やっぱり火属性に水は厳禁なのでしょうか?

 

一方のディスダーク。ロックがよからぬことを思いついたようです。

 

何とかして泳ぐことを避けようとするトワ。やっぱり何かある…

ビーチバレー、サンドアート*1と続き、スイカ割りと着実に泳ぐことを回避し続けるトワ。しかし、今までパフの行動を頼りに回避し続けていたため、とうとう泳ぐことを回避できなく*2なりました。

そんな中でゆいは素直に泳げないことを告白。そうか、だからずっとメガネつけっぱなし*3だったのか…これはトワも泳げない可能性があるな…

しかし、きららは感付いていた模様。結構バレバレだったんじゃないか。

今回の物語、トワとゆいで進んでいく模様です。どうやらゆいは、自分もプリキュアになれたら、と思っていたようです。まぁ、夢の力がかなり強いこと*4は分かっているのですが。

 

しかし、ここでロックが登場。トワに仕掛けようとしています。そして、今回のゼツボーグの素体はゆい。これで2回目ですよ。1話でも素体にされていました。

ところが、ここでまさかの事態。なんと、ゆいは夢を覗かれることに抵抗しています。何とかして見られまいと鍵穴を自分のもとに引き寄せています。今までこんなことができた人間はいません*5。彼女も規格外な気がします。ステラさんみたいなこと*6が起きるかもしれません。しかし、ロックはそれ以上の力でこじ開けようとします。この時に、ゆいに大きな苦痛を与えていました。やはり力づくですので、相当な苦痛となるのでしょう。

ついにこじ開けられてしまったゆいの夢。1話と内容は同じですが、「夢の力をみんなに伝えたい」という一文が追加されています。ゼツボーグの外見は基本的に1話のものと同じですが、絵筆を持っていたところが両手が色鉛筆になっている、といった変化がなされています。夢の内容の変化に応じて、同じ人間でもゼツボーグの外見は変化するようです。ここでトワはスカーレットに変身して応戦します。

さて、ここで困ったことが起きましたよ。もう1回ゆいで夢の鏡絵を描けということなんでしょうか?描くぶんにはいいんですが、前回のものは制服姿で描いていました。今度は襲われた瞬間の服装で描くか、水着で描くか、どっちにしようかで迷うんですよね。贅沢な悩みですが。

 

ゼツボーグが現れたことで向かおうとする3人の前にロックが立ちはだかります。しかし、ロックは3人に分身していました。こんなことまでできるのか…

ゼツボーグのほうも1話とは全く違う強さになっています。色鉛筆の芯をミサイルのように飛ばすことができ、離れていての攻撃が前よりも大幅に強化されています。しかも、スケッチブックのページを開いて風を起こすことで火を無効化、さらスケッチブック内にも大量のミサイルを内蔵しています。火力面は非常に強力です。

一方の分身ロックはそれぞれが適応する場所が違うようです。青ロックはマーメイドと互角の水中戦をしていました。

スカーレットは多くの人間の絆を感じていました。ゆいのスケッチブックを守ることで、それを感じ取れたようです。そして、ここでもうメラゾーマ。尺的になんか早いような気がします。3人もロックに浄化技でとどめ。しかし、変身が解除されてしまいました。そして、ゆいのスケッチブックから10個目のキーが。これはるかに起きたことに似ています*7。ゆいの強い思いがキーを引き寄せたのでしょう。

そして、ついにトワは泳げないことを告白。しかし、バレバレだったようで、簡単に受け入れていました。

 

しかし、最悪の事態が。10個目のキー以外すべてをロックが盗んでいた*8のです。変身用のキーまで盗まれたとなると、3人はプリキュアになることすらできません。戦えるのはスカーレットだけになるという事態。これは非常に危険です。

 

次回、不思議な3人の女の子が登場。予告で変身していたので、問題は解決するだろうと思いますが…

 

f:id:charpen:20150816183915j:plain

で、早速土台だけですが、ゆい2回目の夢の鏡絵を描いてみました。

今回背景は、拘束台に合わせて破壊したようになっています。セーラームーンアニメ原作でも、この拘束台がベランダを破壊していたので、それに準拠しています。

今回襲われた状況でのゆいの服装は、水着の上に何かを着ている、といったものでした。それに準拠する形を取りました。下半身、実は水着です。

f:id:charpen:20150816232002j:plain

上着なしの完全水着版になります。これはまぁ、やれたらでいきます。あんまり増やし過ぎると今度はきららが間に合わなくなるので。

とりあえず2回目をやるとなると、シチュも今までにないパターンで考える必要があるため、いつもとは違う流れで考えなければならないと思います。

*1:なんかすごい出来栄えだったりする

*2:パフが泳ぎだしたため

*3:それ以上に、外すと目が3になる

*4:はるか、みなみ、きららの3人に匹敵するレベル

*5:夢を覗かれて突っ込みを入れたらんことはまた別

*6:体内にドレスアップキーを持っている

*7:花のプリンセスの絵本からキーが出た

*8:FF6のロックではありません